ライフスタイル 土木女子も注目!建設が進む首都高「横浜環状北西線」の工事現場を見てきた! 後編:横浜青葉JCT工事現場編

普段は見ることのできない建設現場が見学できる「首都高講座」。 その64時限目、「横浜環状北西線へ潜入!建設現場を歩いて学ぼう!」に行ってきた。 北八朔トンネルの前編に続いて、後編では横浜青葉IC・JCT(仮称)の高架工事現場をリポート。

2018年11月29日 00:45 掲載

rp181126-02-01.jpg

横浜青葉JCT(仮称)の高架建設現場にて撮影。撮影ポイントは、横浜環状北西線と国道246号の間にある連絡路の上で、ちょうど東名高速をまたぎ始める地点。前編で紹介したトンネル出入口付近の方を向いて撮影した。この辺りが地上30mあり、最も高い。東名は左手前方向が東京方面で、右奥方向が名古屋方面。

 首都高株式会社が2020年の開通を目指して建設中の「横浜環状北西線」(以下、北西線)。第三京浜および首都高・横浜北線に接続する横浜港北JCTから、東名高速および国道246号に接続する横浜青葉IC・JCT(仮称)までをつなぐ高速道路だ。

 11月13日に、首都高は一般を対象とした建設現場の見学イベント「首都高講座 64時限目 横浜環状北西線へ潜入!建設現場を歩いて学ぼう!」を実施。同時に報道公開も行われた。そのイベントリポート後編として、横浜青葉JCTの高架建設区間を紹介する(前編は『北八朔(きたはっさく)トンネル工事現場編』)。

rp181113-01-19.png

北西線のルート。黄色がトンネル区間で、ピンクが高架・地表区間。北八朔トンネル工事現場の次は、横浜青葉JCT。画像は横浜環状北西線公式資料より。

rp181126-02-19b.png

横浜青葉IC・JCTの概念図。横浜環状北西線公式資料中の画像を、冒頭の画像と同じ方位になるように修正した。冒頭の画像を撮影したのは、国道246号(東名横浜青葉料金所)と北西線(北西線料金所)をつなぐ、水色で着色された上下1車線連絡路の最高地点。このあとの各連絡路の説明では、この概念図の色で説明した。

33本の柱が新たに建てられて複雑な連絡路もほぼ建設済み

 横浜青葉JCTは、北西線、東名高速の東京方面と名古屋方面、国道246号のそれぞれが連絡する非常に複雑なJCTだ。北西線との連絡路を建設するため、新たに橋脚が33本も建設された。そして40の橋桁(橋梁)が渡される予定で、取材した11月13日時点で35の橋桁が架けられており、年内に残りの5本もすべて架け終わる予定だ。

rp181126-02-04.jpg

連絡路に上るために仮設階段が設置された真新しい橋桁が多い。画面中央右寄り、遠方に見える高架が東名高速。足場が組まれていて、青いネットが張られているのが建設中の連絡路だ。一番手前(画面上側)の新設連絡路は、東名高速の上り車線(東京方面行き)から北西線への連絡路(概念図の緑色の連絡路)。その奥側のカーブしつつ下がってきている新設連絡路は、北西線から東名高速の上り車線への連絡路(くすんだオレンジ色)。その上を交差しているのは、北西線と国道246号をつなぐ連絡路(水色)で、最も高い位置を通る。

rp181126-02-06.jpg

上の画像とほぼ同じ地点で右手を向いて撮影した景観。緑色のラインが入っている高架が東名高速。画像の最も右側で真上を通過しているのは既存の連絡路で、東名高速の上り車線から横浜青葉ICへと向かう。その左の新設連絡路が、東名高速の上り車線から北西線へ向かう連絡路(概念図の緑)。その奥に見えるカーブしている連絡路(画像左端)は、北西線から東名高速の上り車線および下り車線への連絡路(くすんだオレンジ)。東名高速の上をまたいでいるのが、今回見学した北西線と国道246号をつなぐ連絡路(水色)。

rp181126-02-07.jpg

2つ前の画像の地点から、さらに東名高速に近づいた地点で撮影したもの。画像右にある高架が東名高速。画像上部のカーブをしている新設連絡路は、北西線から東名高速の上り車線への連絡路(概念図のくすんだオレンジ色)。最も高くを通っている連絡路が、今回登った連絡路(水色)。画像中央奥の仮設階段を参加者が登っているのが見える。30mを階段で上るには体力が要る。

rp181126-02-05.jpg

上の画像の地点からさらに東名高速に近づいて、左手を向いたところ。大型クレーン車は、最も高い位置を通っている、北西線と国道246号をつなぐ連絡路(概念図の水色)の最後の橋桁を架ける作業を行う。橋桁が欠けた部分の近辺が見学ポイント。連絡路は画像左端のカーブをしているものが、東名の上り車線から北西線へ向かうもの(緑)。その右は、北西線から東名高速の下り車線への連絡路(グレー)。画像右端の連絡路は、北西線から東名高速の上り車線に連絡するもの(くすんだオレンジ)。

rp181126-02-08b.jpg

1600t級クレーン車「TEREX-DEMAG CC8800-1(1600t仕様)」。ドイツ製のクレーンで、日本に3台しかない。首都高では初めて使用したという。持ち上げる橋桁は本体だけで394tあり、それに付属部材、フック、吊り具などが加わると、約600tになるため、1600t級という国内最大級のクレーン車が必要となる(1600t級とは、1600tの重量物を吊り上げられるという意味ではない)。

→ 次ページ:
いよいよ地上30mの高見へ!