2019年09月12日 22:00 掲載

ライフスタイル キャンプ料理レシピ!元シェフが教えるエスニック【メイン・主菜編】


元シェフ・編集部員 Y

鶏肉とトマトのフォー

軽キャンピングカー|キャンプ料理|鶏肉とトマトのフォー|完成|盛り付けた様子

 ベトナム料理の定番「フォー」をアレンジした「鶏肉とトマトのフォー」のレシピ。トマトと鶏スープの旨味が麺に絡んで美味しい。お酒を飲んだ後の〆にピッタリ。

 材料(4人分)

【具材】

・フォー 500g

・鶏モモ肉 1枚
・水 1600㏄
・トマト 1個
・ショウガ(スライス) 6枚
・セロリ(スライス)10枚
・パクチーの根 1本

・プチトマト 8個
・カットレモン 輪切り4枚
・ショウガ(千切り) 適量
・パクチー(飾り用)

【調味料】

・ナンプラー 大さじ4
・鶏ガラスープの素 少々
・ブラックペッパー 少々
・お酢  小さじ1/3

 作り方

軽キャンピングカー|キャンプ料理|鶏肉とトマトのフォー|フォーを水で戻す様子

STEP 1 フォーを戻す

フォーをあらかじめ水(分量外)に浸して戻しておく(20~30分)。

ポイント


ジップロックなどに入れて浸しておき、時間が経ったら水を捨てる。


軽キャンピングカー|キャンプ料理|鶏肉とトマトのフォー|鍋でスープを作る様子

STEP 2 スープを作る

鍋に水をはり、鶏モモ肉(丸ごと)、トマト(ヘタを取る)、ショウガ(スライス)、セロリ(スライス)、パクチーの根を入れて火にかける。鍋が煮立つとアクが出るので取り除く。
アクをとったら弱火でじっくりと煮込む。

ポイント


・トッピングに使う鶏肉を茹でながらスープを作ると鍋が1つで済む。調理スペースの節約になるだけでなく洗い物も少なくなる。
・炭で調理する場合は、バーベキューコンロの中で炭が多い部分(強火)、炭が少ない部分(弱火)、炭がない部分(保温)を作って調理工程によって使い分ける。


軽キャンピングカー|キャンプ料理|鶏肉とトマトのフォー|茹でた鶏肉を割いた様子

STEP 3 具材を取り出す

鶏モモ肉に火が通ったら、トマト以外の具材を取り出す。
鶏モモ肉の皮をはぎ、繊維に沿って割いておく。


STEP 4 スープの味付け

スープの中でおたまなどを使ってトマトを押しつぶす。
調味料を加えて味を調える。塩味が足りない場合はナンプラーを加えて調整する。


軽キャンピングカー|キャンプ料理|鶏肉とトマトのフォー|フォーをスープの中で茹でる様子

STEP 5 フォーを茹でる

水を切ったフォーをスープの中に入れて茹でる。あらかじめ戻してあるので、20秒程で柔らかくなる。

ポイント


フォーはあらかじめ水で戻してあるので、すぐ柔らかくなる。茹でる用に別の鍋を用意しなくてもいいので簡単。


STEP 6 盛り付ける

茹でたフォーをトングなどで器に取り分け、スープを注ぐ。
割いた鶏モモ肉、プチトマト(1/2カット)、レモン(輪切り)、ショウガ(千切り)、パクチーを乗せたら完成。

ポイント


キャンプっぽさを出すために木皿を使用した。木皿は温かみがあって料理が美味しそうに見えるだけでなく、運搬時に割れにくいのでアウトドア向き。

アレンジ


・辛さが得意なら、一味唐辛子などを振りかけて辛くしてもいい。
・パクチーが苦手な場合は入れなくてもOK。
・スープにごはんを入れたり、フォーの代わりに春雨を使ってもいい。

軽キャンピングカー|キャンプ料理|料理集合写真|盛り付けの様子

 本記事では、メイン・主菜編として「夏野菜のガパオ風炒め」「エスニック風 ローストビーフ」「鶏肉とトマトのフォー」のレシピを紹介した。キャンプ料理では珍しいエスニック料理を味わいながら、自然の景色や会話を楽しみ、いつもと一味違うキャンプを満喫して欲しい。

 上写真に写っている「ヤムウンセン」と「マグロとアボカドのディップ」のレシピは前菜編で紹介している。また、キャンプ料理を作る様子や軽キャンピングカーでキャンプする様子は体験レポートで紹介している。下記リンクをチェックされたし。

ライフスタイル関連の記事