2019年09月12日 22:00 掲載

ライフスタイル キャンプ料理レシピ!元シェフが教えるエスニック【メイン・主菜編】


元シェフ・編集部員 Y

夏野菜のガパオ風炒め

軽キャンピングカー|キャンプ料理|夏野菜のガパオ炒め|盛り付け|

 夏野菜をふんだんに使った「ガパオ風炒め」のレシピ。鶏ひき肉に絡んだオイスターソースの旨味をスイートバジルの爽やかな香りが引きたてる。

 材料(4人分)

【具材】

・鶏ひき肉   400g
・赤パプリカ   1個
・ゴーヤ    1/2本
・ナス 2本

・ニンニク     1片(チューブ2~3cm)
・唐辛子      4本
・スイートバジル 10枚
 
・ごはん
・卵 4個(目玉焼き用)
・パクチー(飾り用)
・スイートバジル(飾り用)

【調味料】

・酒         大さじ1
・ナンプラー     大さじ1
・オイスターソース  大さじ2
・醤油        小さじ1
・砂糖        小さじ2

 作り方

軽キャンピングカー|キャンプ料理|夏野菜のガパオ炒め風|カットした材料をシェラカップに入れた様子

STEP 1 野菜をカットする

ゴーヤは縦半分に切り、スプーンを使ってワタと種を取り除く。5mm程の厚さにカットする。
赤パプリカは種を取り除いて一口大にカットする。
ナスはヘタを切り落とし、乱切りにする。

ポイント


ゴーヤの苦みが気になる場合は塩もみして10分程おいてから、水で洗う。ゴーヤの苦み成分の1つであるモモルデシンは、水溶性なので塩もみすることで水分と一緒に外に出る。


STEP 2 ニンニクと唐辛子を炒める

ニンニクはみじん切り、唐辛子は小口切りにする。油をひいたフライパンにニンニクと唐辛子を入れて中火で炒める。

ポイント


ニンニクと唐辛子が焦げないように火を調整し、香りが出てきたらOK。


軽キャンピングカー|キャンプ料理|夏野菜のガパオ炒め風|フライパンで具材を炒める様子

STEP 3 鶏ひき肉と野菜を炒める

ニンニクと唐辛子から芳ばしい香りが出てきたら鶏ひき肉を入れて炒める。7分目まで火が入ってきたら、ナス・ゴーヤ・パプリカの順で加えて炒める。


STEP 4 味付けをする

先に酒を入れてアルコールを飛ばしてから、他の調味料を加えて混ぜながら炒める。最後にスイートバジルの葉を入れて香りを出す。

ポイント


ガパオ炒めはタイ語で「パット(炒め)ガパオ(バジル)ガイ(鶏肉)」と言う。ガパオとは「ホーリーバジル」というバジルのことで、日本では手に入りにくいので香りが似ているスイートバジルで代用。そのためガパオ"風"炒めという呼び名に。


軽キャンピングカー|キャンプ料理|夏野菜のガパオ風炒め|スキレットで目玉焼きを焼く様子

STEP 5 目玉焼きを作る

小さなスキレットを火にかけて温め、多めの油で目玉焼きを作る

ポイント


多めの油で揚げ焼にすることで、下側が少しカリっと揚がったタイ風の目玉焼きになる。


STEP 6 盛り付ける

お皿の半分にごはんをよそい、上に目玉焼きを乗せる。お皿の空いたスペースにガパオ風炒めを盛り付けて、スイートバジルとパクチーを飾って完成。

ポイント


・キャンプっぽさを出すためにパエリアパンを使用して盛り付けた。パエリアパンは、薄手でかさばらない。重ねて数枚持っていくと調理にもお皿にも使えるので便利。
・今回はパックごはんを使用。湯せんで15分温めると食べごろ。キャンプらしく飯盒炊飯をするのもいい。

アレンジ


・辛さが苦手なら唐辛子を使用しなくてもいい。
・ガパオ風炒めが余ったら翌朝トーストに挟んでホットサンドにしてもいい。
・トマトソースを加えて味を調え、茹でたパスタを入れるとボロネーゼ風パスタに。

→次ページ:トマトの旨味が溢れ出る!鶏肉とトマトのフォーのレシピ。

ライフスタイル関連の記事