電気系統トラブルの場合

電気系統トラブルの場合

突然エンジンがストップ!そんなトラブルは電気系統が原因かもしれません。クルマは走ったり、ライトをつけたりするために電気が必要です。 その電気を供給するのがオルタネータ(発電機)で、エンジンの始動とともに発電し、電気をさまざまな装置に供給したり、バッテリに充電したりします。

電気系統トラブルの症状

チャージランプ(充電警告灯)

チャージランプ(充電警告灯)

ヘッドライトが暗い、スターターモーターがまわらない、カーナビなどの動作に異常が出るといった症状のほか、エンジンがかかっている時にメーターパネルのチャージランプ(充電警告灯)が点灯することもあります。ひどい時は走行中にエンジンが止まりその後もエンジンがかからなくなってしまいます。

 

原因

原因

原因を整備士の方に聞いてみると…

オルタネータ(発電機)は、経年劣化する部品です。つまり古くなると故障しやすく、最後は発電しなくなります。発電機が故障すると、発電できないので、代わりにバッテリの電気が使われるんです。バッテリの電気を使い切ったら、クルマに必要な電気がなくなってクルマは止まってしまいます。

発電量をチェックしよう

対策

対策

使用年数や走行距離に常に気を配っておくことが必要です。
また、オルタネータの発電量は、バッテリチェッカーによって測定できるので、
整備工場などで定期的に点検整備するのが一番です。

 

定期点検、日常点検で防ごう!

定期点検、日常点検で防ごう!

電気系統トラブルを防ぐためのポイントは

初期段階での警告を見逃さなければ、日常点検でも異常は発見できます。オルタネータの発電量が少なくなると、メーターパネルに警告灯がつきます。はじめのうちは、オルタネータが発電できたり、できなかったりするので、警告灯もついたり消えたりします。この症状が出てきたら要注意!突然エンジンが止まる前に、整備工場で点検整備してもらいましょう。

てんけんくんの ワンポイントアドバイス

オルタネータは、日頃からの点検が大切ですよ。警告灯が点灯する原因には、オルタネータを動かすためのベルトの緩みもありますが、いずれにしても発電しないので早めの対策が重要。なお、電気系統トラブルのうちスターターモーターのトラブルは、バッテリトラブルと混同されることも多いので注意が必要です。

てんけんくんの ワンポイントアドバイス