バッテリトラブルの場合

「過放電バッテリ」は、いわゆるバッテリあがりのことです。
機能も電装品もますます増える現代のクルマには、バッテリは大切な電力源。
始動時にセルを回すほか、エンジンがかかっていないときに電力を供給する重要な部品です。

バッテリトラブルの場合

過放電バッテリの症状

スターターモーターの回る音がしない、あるいは勢いのよい音がしないでエンジンがかからない、というのが主な症状です。夜間走行時にライトが暗く感じられることもあります。渋滞後に症状が出ることもあります。

原因

原因

原因を整備士の方に聞いてみると…

もっとも多いのが電気の使い過ぎです。
エアコンの過剰使用、ヘッドライトの消し忘れ、微細な放電(長い間のエンジン不始動、半ドア等によりルームランプが付きっぱなし…)などが原因ですね。
このほか、バッテリの故障、寿命のほか、オルタネータ(発電機)の故障で充電できない等のトラブルも考えられます。

液量、寿命は大丈夫?

対策

単純な電圧低下なら、他車のバッテリとブースタケーブルでつないでエンジンが始動できれば、OKです。後は整備工場などで充電する、補充液を足すなどのメンテナンスを行っておきましょう。
ただし、充電してもすぐに症状が出る場合は、バッテリの故障や寿命が考えられます。もし原因がよくわからないというときは、整備工場で点検を受けて原因をしっかり突き止めましょう。

定期点検、日常点検で防ごう!

定期点検、日常点検で防ごう!

バッテリトラブルを防ぐためのポイントは

バッテリの電圧低下は、ライトとウインカー(ハザード)を同時につけた時の光量で判断できます。私たちはバッテリチェッカーで検査しますが、ご自分で液量のチェックなど日常点検を実施しておけば、ドライブに出かけた時のトラブルはほとんど防げますね。
また、最近のバッテリは寿命近くまで高性能を維持するので、突然寿命がくることがあります。定期点検を整備工場できちんと実施しておくと安心です。
わからないことがあれば私たち整備士にお気軽にお尋ねください。

てんけんくんの ワンポイントアドバイス

こんな時にはバッテリチェックをして、事前にトラブルを防止しょう。
・エアコンの使用が増加する夏前
・気温の低下によりバッテリの電圧が低下しやすい冬前
・長い時間渋滞に巻き込まれた後

てんけんくんの ワンポイントアドバイス