第36回

車を止めるときはできるだけバックで!

JAFMate 2018年4月号掲載

長山先生:そうですね。今回のケースに限らず、自宅のガレージや商店の駐車場から出る場合など、駐車スペースからバックして車道に出るケースは結構ありますが、おっしゃるとおり、斜め後方の情報は確認できません。それにもかかわらず、路側帯や車道にいる歩行者や自転車が接近してくる可能性があるので、それを認識しなければなりません。一人で運転しているときには、それは不可能に近い状態です。今回のように車道にバックして出ようとする場合は、車道を走ってくる自動車にも注意しなければならず、本当にゆっくりゆっくりと進み、相手に気づいてもらうことを期待せざるを得ないでしょう。

編集部:以前、長山先生が知り合いの方が運転するステーションワゴンの助手席に乗ってバックする際、バックモニターに映らない左側から来る車や自転車を確認したという話がありましたけど、たった一人ではどうしようもないですね。

長山先生:そうです、もし同乗する人がいるならば、その人に車の後方に立って誘導してもらい、歩行者・自転車との折り合いをつけてもらうことが必要です。そのため、駐車場に駐車するときにはできる限り、バックして駐車することが望ましいでしょう。もちろん、まれなケースとして駐車場にいる人をはねる事故が起きたりしますが、駐車場にバックで入るケースより、バックして車道に出るケースのほうが事故の発生確率は高いでしょう。

編集部:基本的にそうでしょうね。ときどき道路で方向転換する車を見かけますが、対向車線にある路地に頭を突っ込んでから車道にバックして方向転換する車を見かけますが、私は左側に路地や駐車スペースがある所でまず路肩に車を止め、後続車が途切れてからそこにバックして方向転換するようにしています。駐車スペースからバックで車道に出るときと同じで、前進して出るほうが左右を確認しやすく、安全に出ることができますから。

長山先生:路地にもよりますが、基本車道のほうが交通量は多いので、車道には前進で出るようにするのがいいでしょうね。それも危険予知の1つで、まったくその危険性を考えていない人も多いですが、ちょっと危険かな?と思っても、とりあえず右側に路地があるので、そこに頭を突っ込んでからバックすればいいと安易に考える人もいます。

編集部:たしかにそうかもしれません。あまり後先を考えずに方向転換している人も少なくなさそうですね。その人の性格にもよるのでしょうか?

長山泰久(大阪大学名誉教授)

大阪大学名誉教授長山泰久1960年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了後、旧西ドイツ・ハイデルブルグ大学に留学。追手門学院大学、大阪大学人間科学部教授を歴任。専門は交通心理学。91年より『JAFMATE』危険予知ページの監修を務める。

バックナンバー

JAF Mateパーク

このページを見ている人は、こちらのページも楽しめます

トップに
戻るで