第36回

標準装備されない、自転車のバックミラー

JAFMate 2018年4月号掲載

長山先生:危険予知という点で見ればそうかもしれませんが、自転車に乗る人は路面の凹凸や落下物など、前方の道路状況がもっとも気になるので、駐車場に止まっている車の中にバックランプが点灯している車がいることに気づくことはまずないでしょう。自動車がすでにバックし始めていれば話は別ですが。

編集部:たしかにそうですね。でも、車が動き出してから気づいたのでは、もう止まる余裕はなく、反射的に右側に避けてしまいますね。よく路肩に駐車している車を自転車が避けるケースもありますが、その場合も、しっかり後方を確認している自転車はほとんど見ませんね。そう言う私も、運転免許を取るまでは同じような危険な走り方を自転車でしていましたが。

長山先生:車を運転するまでは、自転車の危険な走り方はなかなか理解できないものです。とくに今回のような急な進路変更が後続車にとってどれほど危険な行為なのか、実際に危険な目にでも遭わない限り、はっきり認識することはできないでしょう。そもそも自転車のルールに関しては、『交通の教則』の第3章「自転車に乗る人の心得」第1節「自転車の正しい乗り方」第2節「安全な通行」において詳しく書かれていますが、側方通過時の後方確認に関する記述はありません。すなわち自転車の安全通行においてこの問題は欠落していますし、指導はされていないのでしょう。

編集部:たしかに習った覚えがありません。でも、実際の路上には駐車車両や停車車両は多いので、それを安全に避ける方法を教える必要はありますね。

長山先生:おっしゃるとおりです。ただ、自転車を運転中に後方を目視するには首をねじるだけでは不十分で、体をねじらなければならず、バランスを崩して危険が伴います。自動車の場合と同様に、自転車においても後写鏡(バックミラー)が必要かと思いますが、自動車では道路運送車両の保安基準第44条で「自動車には、後写鏡を備えなければならない。」と規定されていますが、自転車に関しては保安基準には何の記述もありません。

編集部:調べたところ、自転車等の軽車両についても道路運送車両法で「長さ」や「制動装置」「警音器」などの基準があるようですが、バックミラーに関する基準はないようですね。また、道路交通法にも「夜間のライト点灯義務」や「反射器材等の装備義務」があるようですが、灯火や反射器材の基準は都道府県公安委員会や内閣府が定めているようですね。

長山先生:おっしゃるとおり、道路交通法や道路交通法施行令、施行規則、条例などでブレーキや尾灯が点いていない場合の反射器材、警音器などが示されていますが、後写鏡の規定はありません。いくつかの自転車メーカーでは後写鏡をオプションとして発売していますが、標準装備にはなっていないようです。

編集部:先ほど長山先生がおっしゃったとおり、自転車に乗ったまま体をねじって後方を目視するのは難しく、とくに高齢者や子供には無理があるので、バックミラーは標準装備する必要があるのかもしれませんね。でも、安全確認という点で考えると、駐車場からバックで下がってくる車のほうはさらに確認が難しいですね。最近の車には、自分の車を俯瞰して見ることができたり、通常のバックカメラより左右が広く見える安全装備が付いている車もありますが、基本的には斜め後方から近づく自転車などは確認できないと思います。

長山泰久(大阪大学名誉教授)

大阪大学名誉教授長山泰久1960年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了後、旧西ドイツ・ハイデルブルグ大学に留学。追手門学院大学、大阪大学人間科学部教授を歴任。専門は交通心理学。91年より『JAFMATE』危険予知ページの監修を務める。

バックナンバー

JAF Mateパーク

このページを見ている人は、こちらのページも楽しめます

トップに
戻るで