第31回

ドライバーは「自転車での危険予知」をマスターしている?

JAFMate 2017年10月号掲載

長山先生:免許保有者は運転することによってさまざまな危ないと思う場面を経験するとともに、自転車を運転する場合の危険に関しても十分理解し、認識していて、それを避けようとすることができます。

編集部:運転経験が豊富になればなるほど、いわゆるヒヤリハット体験がたくさん経験できますからね。

長山先生:そうです。自動車を運転していて自転車がどのような場面でどのような危険を冒すかを見ているので、自転車に乗る場合、そのような危険な行動をとらないことが可能となります。すなわち、自動車運転者は、自転車を運転する場合の危険予知の基盤を確立しているので、事故を起こして死傷することを避けることができるわけです。

編集部:自転車でも歩行者でも事故の相手は圧倒的に自動車が多いですから、その自動車に乗るドライバーこそ、何をすべきか、何をしてはいけないのか、事故を避ける術を知っているということですね。

長山先生:そのとおりで、ドライバーは自転車や歩行者が事故に遭わないためのポイントを知っている貴重な存在です。『JAF Mate』の危険予知では、自転車が対象になる危険予知はもちろん、自転車目線での危険予知も扱っていますが、それは運転者として学んでいただくだけではなく、免許を持たないお子様や奥様、高齢者のご両親などに向けてもご指導いただきたいものです。

編集部:車で何度も自転車や歩行者の危険行動を見ていれば、そのぶん説得力のあるアドバイスができますし、自分が経験した同じようなケースも説明することができて、より幅が広がりますからね。実際、読者の中には、『JAF Mate』が送られてくると、免許を持っているお父さんが「危険予知」のページを見ながら、奥様やお子様にレクチャーしている人がいると聞きます。

長山先生:小学校などで交通安全教室も実施されていますが、校庭を使った基本的な指導が多く時間的にも限られます。交通安全教育は何度も繰り返すことが重要なので、日頃からご家庭でどのような行動が危険で、注意すべきことは何かを免許を持つ方が教えられることが大切です。

長山泰久(大阪大学名誉教授)

大阪大学名誉教授長山泰久1960年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了後、旧西ドイツ・ハイデルブルグ大学に留学。追手門学院大学、大阪大学人間科学部教授を歴任。専門は交通心理学。91年より『JAFMATE』危険予知ページの監修を務める。

バックナンバー

トップに
戻るで