第24回

同乗者の急なリクエストが追突の原因に?

JAFMate 2017年1月号掲載

長山先生:そのとおりです。前述したように目立たない店舗や路地に左折して入るような場合、後続車に配慮したブレーキを踏む必要があります。とくに急に思いついて施設へ入ろうとするような場合が危険です。

編集部:思いつきで行動に移すと、当然ブレーキやウインカーも遅れそうですね。

長山先生:そうです。遅れるどころか、左折の合図も出さずに急減速したため、事故になったケースもあります。例えば、助手席の上司に、突然「このレストランで食事をしていこう」と言われたケースや、同乗者に「トイレに行きたいから、コンビニで止めて」と言われたことが原因で追突されたケースもあります。

編集部:上司やトイレを急いでいる同乗者に言われたら、すぐ行動に移してしまいそうですね。同乗者ではありませんが、私はガソリンが残り少なくなって困っていたとき、やっと見つけたガソリンスタンドに慌てて入ったことがあります。後ろをまったく確認していなかったので、もし後続車が迫っていたら危なかったです。

長山先生:トイレやガス欠など緊急を要するときほど周囲を確認する余裕がなくなるものです。どんな状況でも、急な思いつきの行動は禁物です。一息おいて行動するように努めましょう。当たり前のようですが、左折する場合、後続車に左折する意思を伝えるため、必ずウインカーの合図を出すようにします。出さないで曲がる車がときどき認められます。

編集部:たしかにいますね、ウインカーを出さずに曲がる車。路肩に停止する車でも、同じようにウインカーやハザードランプを点けずに停止する車がいます。後続車の存在をまったく意識していない車が少なくありませんね。

長山先生:左折時に追突されないためには、かなり手前から左端に寄ってスピードをうんと落として走行することで、後方の運転者に左折の意思を伝えます。さらに、後ろの車に車間距離を取ってもらうためにはブレーキを何回かに分けて踏んで、ブレーキランプでも減速する意思を伝えます。

編集部:たしか「追突事故」は事故形態の中でもっとも多いケースですが、ブレーキの踏み方や車間距離の取り方など、ドライバーのちょっとした注意でかなり事故を減少できるのかもしれませんね。

長山泰久(大阪大学名誉教授)

大阪大学名誉教授長山泰久1960年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了後、旧西ドイツ・ハイデルブルグ大学に留学。追手門学院大学、大阪大学人間科学部教授を歴任。専門は交通心理学。91年より『JAFMATE』危険予知ページの監修を務める。

バックナンバー

トップに
戻るで