第1回

“きんちょうしかん”で危険の発見が遅れる?

JAFMate 2014年10月号掲載

編集部:今回の問題は「夜間の歩行者事故」ですが、注意すべき点はどこでしょうか?

問題写真

結果写真

動画で見てみる

長山先生:自分が運転していて問題のような場面に出くわしたら、横断歩道を無事に女性が横断するところなので、ホッとして、“緊張弛緩”が生じるでしょうね。

編集部:“きんちょうしかん”ですか??? どういう意味でしょうか?

長山先生:運転時に危険な対象を見つけたり、危険を予測すると、心理的に緊張状態になります。適度な緊張は、運転に意識が集中し、危険が回避しやすくなるメリットがあります。今回の問題では、前方の横断歩道を女性が渡り切るまで緊張状態にありますが、女性が横断し終わって「もう危険はない」と判断すると、緊張状態から解放されます。それが緊張弛緩です。

編集部:なるほど。ずっと緊張して運転していては疲れてしまうので、特に危険を感じない状況では、緊張状態から解放して運転するんですね。

長山先生:そのとおりです。しかし、危険につながる問題が一つであれば、緊張弛緩は良いのですが、今回のように別の歩行者が横断してきて、さらに緊張して注意しなければならない場合、緊張弛緩が生じると、危険の発見が遅れて問題を起こしかねません。これが危険予測の心理的な問題点です。

編集部:今回の場合、女性が渡り切ったあとでも緊張状態を保つ必要があったのですね。

長山先生:そうです。事例1のように対向車の後ろを渡ってくる歩行者をはねてしまう事故は多いので、対向車と完全にすれ違うまでは緊張状態を維持することが大切です。特に夜間は対向車のライトで目が眩んで視力が低下し、対向車の後ろを渡ってくる歩行者を見落としてしまいがちです。つまり、対向車の後ろは「暗くて見えない空間」なのです。今回のように単独の対向車とすれ違う際や、複数台続いて来た場合、最後の対向車とすれ違う際に歩行者が渡ってくる可能性があるので、速度を十分落として、歩行者が出てきても避けられるように準備しておくことが大切です。

横断歩道を横断中の歩行者との事故

※画像を右クリックし、「対象をファイルに保存」でPDFをダウンロードできます。

長山泰久(大阪大学名誉教授)

大阪大学名誉教授長山泰久1960年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了後、旧西ドイツ・ハイデルブルグ大学に留学。追手門学院大学、大阪大学人間科学部教授を歴任。専門は交通心理学。91年より『JAFMATE』危険予知ページの監修を務める。

バックナンバー

トップに
戻るで