長谷寺

幸綱(幸隆)夫妻と、昌幸の墓。

Hirayama Voice

ここは、信繁の祖父で真田家の礎を築いた幸綱(幸隆)と、父・昌幸が眠ります。後から信繁の供養等も作られました。信繁の最後は諸説ありますが、ある武将が馬に乗って戦場で指揮を取っていたら、目の前に立派な武者がいたので、呼びかけて勝負を挑んだ、と。馬から降りて槍で戦い、討ち取った。でも、誰だか分からなかった。それで、兜付きのままもぎ取り、陣屋にもって帰るんですけど、陣屋にお見舞いに来た親戚の中に、真田家と顔見知りの人物がいて、首を見て、「これは真田信繁だ」と言ったそうです。