にんじゃえもんとぽんぽこちゃん

甲賀市役所 観光企画推進室
野田敦子さんのお話

模様

「甲賀ブランド」は、よくある地域ブランドと少し目的が違います。たとえば甲賀は信楽焼が有名ですが、ブランド認定されているのは「登り窯」ではなく「Ogama」という登り窯を利用した施設です。物や施設、歳時記をブランド認定することによって観光資源化し、誘客につなげていこうというのが甲賀ブランドです。あくまで“ここ”に来てもらいたい……。東京のアンテナショップなどで商品を売ることが目的ではないんです。観光に来ていただくための“形”を増やしていこう!ということで、取り組んでいます。

 選定するのは6人の外部審査員。内部にするとどうしても贔屓目になってしまうので……。甲賀らしさが出ているか、将来性があるか、信頼性・安全性は確保できているか、などの基準項目があって、シビアに点数がつけられます。エントリー制ですが、1年目には21件応募があった中で、2つしか選ばれなくて、2年目も半分以上は認定されませんでした。選考は厳しいです。

 これまでの3年間で23点がブランド認定され、徐々に認知度も高まってきました。甲賀と言えば“忍者”が思いつきやすいのですが、そのほかの観光資源でも「甲賀に行ってみたいな」「甲賀っておもしろいな」と思ってもらえるように、情報を発信していきたいです。

「甲賀ブランド」一覧はコチラ ※PDFファイルが開きます
http://www.city.koka.lg.jp/secure/10259/27.2.4kokabrand.pdf

★「甲賀ブランド」を素敵に紹介してくれた 甲賀市観光協会PR大使の前川保志花さんにもお話を聞きました!

甲賀市観光協会PR大使

 甲賀は見所がたくさんあるので、ぜひ運転が好きな方には車でお越しいただき、隅々までまわってもらいたいですね。

 私自身、車の運転が大好きなんです。1年間で4万キロ以上は平気で走っちゃいます! 信楽で色んな狸を眺めながらドライブしたり、これからの季節は三重県との県境の鈴鹿山脈で新緑ドライブもオススメです。

 甲賀には豊かな自然と、歴史のある建物や史跡がたくさんあります。私の出身地は土山町と言うお茶の産地で、そこで作られている「赤ちゃん番茶」は甲賀ブランドの認定商品です。もうひとつの甲賀で有名なお茶「朝宮茶」は、日本で1番初めに栽培されたお茶と言われています。意外と知られていないスゴイことがたくさんあるんですよ! これから、もっといろんな甲賀の魅力を発信したいと思っています。

 もちろん、“忍者の里”としても売り出し中です。忍者コンテンツを求めてやってくる観光客の方もやはり多いです。今年から2月22日が「忍者の日」に認定されたこともあり、盛り上がっていますよ! 忍術屋敷や忍術村など、大人も子供も楽しめて学べる施設があります。甲賀にいらしたら、是非色んな場所に訪れて、楽しい時間を過ごしてください!

前川さんのblogはコチラ
http://ameblo.jp/hoshika-blog/