らくらくキレイ塾

  1. JAFMateパークに戻る
  2. らくらくキレイ塾

顔が・・・おっ、大きくなってるーぅの巻

向上心は若返りの救世主=2014年は、ポジティブビューティー!

あきらめない気持ちは自分を大切にすること!

キレイと若さの秘訣は? と質問されたらどう答えますか。いちばんは健康であること。そして、自分をあきらめないこと。つまりは、自分を大切にすることだと私は思います。

心と体は密接に繋がっています。「皮脳同根」という言葉がありますが、人間として形成される最初の時点で、皮膚と脳は同じところから作られるという意味です。皮膚と脳の神経組織や感覚器官と皮膚とは同じ外胚葉という細胞から分化したそうです。ちなみに、骨や筋肉、血管やリンパなどは中胚葉から、消化器などの内臓は内胚葉から分化してできていくそうです。そのため、皮膚には思ったことを実現しようとする力があります。ストレスが肌荒れの原因になることもあるので、その逆の発想でいつもポジティブに。「キレイになる」「若々しく生きたい」と思えば、その思考が肌や体にも刻まれて、いい変化を起こすのです。

また、150年ほど前、人間が言葉を獲得したときに脳が果たした最初の役割は、発した言葉の意味を記憶することだったそうです。ポジティブな言葉を発すれば、それが自分に反映されるのです。だから、「どうせやっても…」を「どうせやるなら!」に変えて、今年は前向き志向でキレイを手に入れましょう。

笑顔が、キレイをつくる基本。スマイルレッスンで表情筋を鍛えましょう。

美しさの秘訣は、魅力的な表情にもあります。女優さんやモデルさんは、常に鏡で自分の表情のチェックをし、美しく見える表情づくりを練習しています。いろんなところに鏡を置いて、どんなときにどんな表情をしているのか自分をチェック。いつもイキイキとした表情づくりを心がけましょう。

口角がさがってくると、表情が暗くみえるばかりか、顔の筋肉を使わないために頬がたるみ、ほうれい線が目立つようになってきます。顔の表情筋をしっかり使うことで、たるみは改善できます。笑顔で口角を上げるスマイルレッスンで表情筋を鍛えましょう。らくらく笑顔がつくれる言葉があります!「ハッピー」「うれしいー」「たのしいー」など、最後が「い」で終わる言葉は自然と口角が上がります。しかも、ポジティブな言葉はキレイづくりのポイント。ポジティブシンキング&スマイルで、積極的にキレイをつくっていきましょう。

 

老け顔をつくる悪習慣

こんな顔くせは老け顔をつくります!!

1.ほおづえをつく⇒ほうれい線が目立つ原因

顔をゆがませ、ほうれい線の長さや深さもアンバランスになります。

2.左右どちらかだけでモノを噛みがち⇒顔のゆがみ・シワの原因

どちらか一方を使い続けると筋肉量に差が出て、顔にゆがみやシワが出てきます。

3.歯ぎしりやくいしばりをしやすい⇒フェイスラインのたるみの原因

歯やアゴに力を入れすぎると周辺の筋肉が凝り、ゆがみが生じフェイスラインが下がってしまいます。

他にゴシゴシ洗顔や食べないダイエットもシワをつくるもとです。

  1. JAFMateパークに戻る
  2. らくらくキレイ塾