らくらくキレイ塾

はぁ~っ。いけてない私 トホホ…の巻

冷え退治で夏美人=夏美活でキレイをチャージしよう

夏は三文の徳。夏にはキレイになるチャンスがたくさんあります!

 暑い夏の到来。紫外線やクーラーによるダメージ、汗や皮脂による肌トラブルなど、体にも肌にも過酷な季節です。「そんな夏が苦手」「美容の敵」と言って嫌う方も多いようですが、夏にしかできない美活動もいろいろあります。

 おすすめは、まだ比較的涼しい早朝の時間を利用して、早起き朝型ライフを充実させる美活。例えば、ストレッチなどで体を動かして代謝をアップして、体の中からキレイになる。朝のスキンケアを念入りにして、美肌に差をつけるなど。時間のゆとりが心のゆとり、キレイの源です。朝を有効活用することで、気分も爽快。夏も気持ちよく、楽しみながらモチベーションをあげて、らくらくキレイを目指しましょう。朝の美活、ぜひ始めてみてください。


放置すると、トラブルの原因に。夏のスキンケアのポイントは、汗対策。

 運動で代謝を上げることは大切ですが、汗には要注意。汗は、放置するとアルカリ性に傾くので、肌の殺菌力が弱まり、かゆみや肌荒れなどトラブルを引き起こします。汗はこまめにやさしく拭き取って、常に肌を清潔に保ちましょう。

 また、汗を多量にかくと、肌が必要とする潤い成分も汗と一緒に流されてしまいます。このため肌が乾燥しやすくなります。夏こそ保湿を怠らない! は、もはや常識。汗でダメージを受けないように水分と油分を足すスキンケアをすることが転ばぬ先の杖となります。

女優は顔に汗をかかないって本当? そのキレイの秘密ってなに?

 女優さんに話を聞くと、顔に汗をかかない理由は、「精神的なもの」「集中力」という答えがほとんどです。プロ意識がそうさせているのも事実ですが、撮影の前日には塩分や水分を取り過ぎないようにするなどの努力もしています。

 ある舞妓さんは、鎖骨のやや下をグッと強めに押す方法で顔汗を止めているとか。私も女優時代、着物の帯を高い位置で結ぶと汗が抑えられて、化粧崩れしにくかった経験があります。一時的な汗止めには、ブラジャーのホックをきつめにするのもいいようです。ただ血行が悪くならないように注意してください。

  1. JAFMateパークに戻る
  2. らくらくキレイ塾