JAF Mate Neo なんでも乗り物

2018/12/07

【お台場旧車天国2018:その3】
ウルトラ警備隊の「ポインター」に、公道走行可能な機関車「K-100」など!! あのドラマのクルマを集めてみた

 11月18日に開催された国内最大級の旧車イベント「お台場旧車天国」。懐かしの大衆車に始まり、スーパーカー、クラシックカー、幻の名車、改造車、さらには珍車に迷車まで、日本中から2輪・4輪の旧車約700台が集合した。

 そのリポート第3弾は、国内外の特撮ドラマやアニメなどで活躍したクルマ・バイクのレプリカ車を紹介する。

 

滅多にお目にかかれないマニアックな旧車たちを集めたリポート第1弾はこちら
「ミゼット」など3輪車ばかりを集めたリポート第2弾はこちら

50年もののビンテージ! ウルトラ警備隊の「ポインター」

rp181205-01-01.jpg

円谷プロの特撮ヒーローシリーズ第2弾『ウルトラセブン』に登場する、ウルトラ警備隊の専用車両「ポインター」のレプリカ車。TDFとは、ウルトラ警備隊が所属する「Terra Defense Force(地球防衛軍)」の略。「ポインター」は劇中で同時に2台が出てきたこともあり、「PO-1」は1号車を意味する。ちなみにヘッドランプ下のマシンガンは紙製で、当たり前だが公道を走行中は外している。

 円谷プロの特撮ヒーローシリーズの第2弾で、シリーズ中最高傑作と名高い『ウルトラセブン』(1967~68年)。その地球防衛組織である"地球防衛軍"の精鋭部隊である"ウルトラ警備隊"に所属する専用の戦闘車両がこの「ポインター」だ。ウルトラセブンに変身する主人公のモロボシ・ダン隊員(演:森次浩司)らが搭乗し、今もってウルトラシリーズの防衛隊の専用車両の中で「最もカッコイイ」という支持も多く、高い人気を誇る1台である。

 撮影用の車両は、クライスラー製「インペリアル(クラウン)」1957年式がベースとされ、この白井康史氏のレプリカ車も同車をベースにしている。車検を通すために後方のテールフィンなどを短くしているが、それ以外は忠実に再現したという。

 番組放映開始時期は1967年で、かつては「ポインター」のレプリカ車は国内に複数台存在したらしい。しかし白井氏によれば、最近ではさまざまなイベントに参加しても見かけることがないため、現在公道走行可能な車両はこの1台のみではないかという。

rp181205-01-08.jpg

白井氏の「ポインター」の後方からのショット。8月にお台場で開催された、アメ車の祭典「スーパーアメリカンフェスティバル2018」で撮影。「ポインター」は後方視界がほぼないに等しく、バックが大変なのはファンの間で有名な話。垂直および水平に延びるフィンが実際に劇中で使用された車両はもっと長いが、車検を通せる範囲内の長さとなっている。

線路がなくても走れる6輪機関車「K-100」もやってきた!

rp181205-01-04.jpg

当時のSLブームもあって番組は人気を博し、放映期間は半年から1年間に延長され、まさに日本を縦断してのロケが行われたという「走れ! K-100」。そのレプリカ車も登場した。

 道路を走れるよう改造された6輪機関車「K-100」に乗って、「K-100」のかつての機関士だった老人に再会させるべく、主人公の伊賀山紋太(演:大野しげひさ)が鹿児島から北海道の夕張まで全国を旅して回ったロードムービー型の子ども向けドラマ『走れ!K-100』(1973~74年)。劇中車は、水陸両用の機関車をベースに開発されたという。

 今回の「K-100」は、すでに生産が終了している米国製の水陸両用車「MAX」をベースに製作したレプリカ車。劇中で道路だけでなく、階段を上ったり水上を走ったりと、そののんびりとした外見からは想像がつかない走破力を発揮したことから、レプリカ車も徹底して製作された。

rp181205-01-10.jpg

「K-100」を後方から。

「ナイト2000」軍団参上! コックピットの再現度がすごい

rp181205-01-06.jpg

フォンフォーン×3とレーザースキャナーの音が多重で聞こえてきそうな「ナイト2000」軍団。

 日本で最もヒットした海外ドラマといわれる1980年代に大ヒットした「ナイトライダー」(1982~86)。AI「k.I.T.T.(キット)」搭載のドリームマシン「ナイト2000」の劇中車のベースは、GMのミドルレンジのブランドであるポンティアックの「ファイヤーバード・トランザム」の3代目の1982年式だ。今年は3台の「ナイト2000」が並んでいた。

 今回はコックピット内も徹底的にレプリカした1台を見せてもらった。スイッチ類はすべてではないが、一部は機能がちゃんとあるという。

rp181205-01-07.jpg

「ナイト2000」のレプリカ車のコックピット。ステアリング上部には、AI「K.I.T.T.」の音声インジケータもある。

→ 次ページ:
続いてはバイク+α!

メルマガ登録はこちら