なんでも乗り物 まるでお社! 明治神宮の玄関口、参宮橋駅が2020年にリニューアル!

小田急電鉄は参宮橋駅の建て替え工事を11月から開始。 2020年9月にリニューアルオープンすると発表した。

2018年11月28日 掲載

JAF メディアワークス IT Media部 秋月新一郎

181126-61-01.jpg

 小田急線の参宮橋駅は明治神宮の最寄り駅でもあるため、初詣などで利用した人も多いだろう。1970年に完成し半世紀に渡って愛された現駅舎は、11月から建て替え工事を開始。2020年9月に生まれ変わる予定だ。

 改良工事のコンセプトは「木と緑に溶け込む"杜"の玄関口」。周囲の環境に溶け込むよう、上家やホーム壁面には木材を贅沢にあしらい、他の駅とは一線を画すつくりとなっている。小田急では駅舎のリニューアルにあわせて、駅前空間の面積も拡大し利便性をさらに高めていくという。

 最近の、特に複々線化に伴って建て替えられた東北沢以西から登戸までの、どこで降りても似たような感じの駅舎デザインには何か物足りなさを感じていたが、新駅舎の存在感は抜群だ。そしてなにより、街本来の魅力を感じさせる駅づくりにシフトしてくれたことは素直に喜ばしい。訪日外国人観光客にも話題の駅舎となりそうだ。

181126-61-02.jpg