JAF Mate Neo なんでも乗り物

2018/11/21

菰田潔の【良い車、売れる車】その2
「売れる車」は「よい車」か?

 前回は、「良い車というのは、乗り手のライフスタイルや使い方に合っているかどうかで決まる」という、車選びの大原則をお話しました。今回は、売れている車が良い車か、ということについて考えてみたいと思います。

売れる商品かどうかは、まず売り場の数で決まる

18111651-01.jpg

 なぜ、車が売れるのか。なぜ、各社の販売台数に違いが出るのか。実は工業製品としての出来の良し悪しだけでは決まりません。ズバリ結論ですが、車の販売台数に決定的な影響を持つのは「販売店と販売員の数」です。なぜトヨタが国内販売台数で圧倒的なのか。これは、全国津々浦々まで強力な販売網を持っているからです。もちろん、必要十分な性能や耐久性、競合に勝てる価格があってこそではありますが、そこは各社とも力を入れているので、販売台数で圧倒的な大差が付くほどの根拠とはなり得ないのです。ですから、少なくとも販売店と販売員の数で、売ることができる車の販売数の上限が決まるということになります。

 分かりやすい例として輸入車があります。今国内で最も売れている輸入車は、ベンツ、BMW、VWです。なぜ日本人はここまでドイツ車が好きなのか。まず一番の理由として、ドイツ勢が日本国内で熱心に販売網を拡げたということが挙げられます。販売網を拡げる過程で多くのプロモーション活動も行ってきました。その中で、長い時間をかけて「ブランド力」を磨いてきました。だから日本にここまで受け入れられて、現在でも売れ続けているのです。

かつてのイメージに販売が左右される例もある。

 それと、もうひとつの理由は、ドイツ車が日本人の気質に合っている。特に日本人の車好きの嗜好に合っているということがいえます。それは正確に操ることができる車がドイツ車には多いということです。実は車としてはフランス車やイタリア車のほうが「味」があります。シトロエンとかDS、プジョーとかルノーなど、足回りがしなやかで、ストローク感がたっぷりあって、でもハンドルには「あそび」が少なくてキビキビ走れる。そういう特性はドイツ車にはないものです。イタリア車も、何となく普通に走っていても運転がすごく楽しく感じる。情感に訴えるのが非常にうまい。でも、日本人にウケるのは正確にカチカチっと運転できる車で、そういう意味では、ドイツ車に一日の長があるのです。

 また、ベンツやBMW、アウディが世界的に見ると、日本では「安売り」しているという事情もあります。一見プレミアムブランドは高く見えますが、値引きを大きくしているので、日本車のプレミアムカーの価格と近似してきているということもあります。しかもリセールバリューが割と良い。

 一方、比較対象としてアメリカ車です。アメリカ車にはキャデラックやシボレーなど、ベンツやBMWにブランド力で勝るとも劣らない車がたくさんあります。米トランプ大統領が、アメリカ車が売れないのは障壁があるからだと、関税もかけていない日本に圧力をかけていますが、なぜ日本でアメリカ車はまったく売れないのか。世界一ユーザーの見る目が厳しいと言われている日本市場に、米各社はあまり積極的に進出してこなかった。という、これも前述の販売店事情が大きく影響しています。

 加えて、アメリカ車の場合とりわけユーザー心理も多分に影響しているのではないでしょうか。昔、「アメ車はデカイ、ガス食い、よく壊れる」というイメージが日本人にはありました。実は今、アメリカ車もなかなか頑張っていて、ダウンサイジングしてきていますし、燃費も思ったほど悪くない車が増えてきているのです。しかもアメリカ車は、割安なんです。特にドイツ車と比べたら、同じような車格や排気量で比べた場合、値ごろ感がある。でも一方で、リセールバリューも悪い。なぜ価値が下がってしまいやすいのか。これはユーザーの中に、昔のアメリカ車の悪しきイメージが残っていて、だから新車で買ってもあっという間に価値が下がってしまう。これがさらに販売の足を引っ張っていると思われます。

→ 次ページ:
販売店の数が少ない、リセールが悪い、他にも原因が

メルマガ登録はこちら