写真ビストロ SNAP×SNAP 【オートモビルカウンシル2018】
「テスタロッサ」、「512BBi」、「ディーノ」など、フェラーリを集めてみた!

2018年08月20日 掲載

JAFメディアワークス IT Media部 日高 保

sn180815-02-01.jpg

静岡のフェラーリ正規ディーラー兼オフィシャルサービスセンターのオートスペチアーレのブースでは、1980年代半ばから1990年代半ばの4車種が展示された。

 8月3日から5日にかけて開催された、国産の旧車や往年のスーパーカーなどのヒストリックカーを扱う展示会オートモビルカウンシル2018。それらを手がける販売店が32社集まり、約100台が展示された。

 ここでは、フェラーリをまとめて紹介する。今回展示したのは、フェラーリ正規ディーラー兼オフィシャルサービスセンターであるオートスペチアーレ、輸入車の中古専門店のゴーランドカンパニー、ヒストリックカーの中古専門店のはらモータースの3社。中でもオートスペチアーレは4車種を展示した。

「テスタロッサ」を3連発! まずは日本輸入第1号車から

 オートスペチアーレ、ゴーランドカンパニー、はらモータースの3社がともに展示したのが「テスタロッサ」だ。「テスタロッサ」は「512BBi」の後を継いで1984年に発表され、1992年まで生産されたフェラーリのV12フラッグシップモデル。世界的に人気を博し、総生産台数は7000台を超えた。日本でも人気は同様で、バブル期だったこともあって、フェラーリの最多輸入台数を記録している。

 オートスペチアーレが展示したのが、初期モデルの1985(昭和60)年式の"日本輸入第1号車"。後の日本への輸入車は米国仕様がベースとなるのが、この第1号は本国イタリア仕様で、右ドアミラーがないのが大きな特徴。右ドアミラーがなくて日本の公道を走れるのかというと、当時の道路運送車両法に基づいた認証を受けているので問題ない(現行法規では型式認証は受けられない)。

 またオートモビルカウンシルは単なる展示会ではなく、その場で商談することも可能なことが特徴。「テスタロッサ」は現在の中古車価格は1000万円強だが、この第1号車はプレミア価格がついており税別で2800万円だった(当時の新車価格が2500万円台)。

sn180815-02-02b.jpg

「テスタロッサ」日本輸入第1号車、1985年式。「テスタロッサ」のデザインを手がけたカロッツェリア(デザイン工房)はピニンファリーナ。最大の特徴は、エアインテークとなっているサイドスリットだ。ちなみに「テスタロッサ」の「testa」は頭、「rossa」は赤で、訳すと「赤い頭」という意味。エンジンのカムカバーが赤いことに由来している。この赤いカムカバーは、1950年代に活躍したフェラーリのレーシングカー「250テスタロッサ」を踏襲したものだ。オートスペチアーレ・ブースで撮影。

sn180815-02-02c.jpg

「テスタロッサ」のスペック。全長×全幅×全高:4485×1976×1130mm、ホイールベース:2550mm、トレッド(前/後):1518/1660mm。車重:1506kg。エンジン型式:F113A型、エンジン種類:水冷バンク角180度V型12気筒DOHC、排気量4943cc、最高出力:390ps/6300rpm、最大トルク:50.0kg・m/4500rpm、最高速度:時速290km、時速0→100km:5.3秒。サスペンション:前後共ダブルウィッシュボーン。

sn180815-02-08.jpg

「テスタロッサ」のリアミッドシップにマウントされたエンジン。「赤い頭」の由来であるカムカバーは、エンジン下方にある横長の赤い結晶塗装が施されたパーツのこと(上面の2枚のプレートのことではない)。「テスタロッサ」のエンジンはバンク角180度のV型12気筒なので、カムカバーはエンジン両脇に位置する。そのため、この画像では片側だけしか見えない。

→ 次ページ:
続いてはゴーランドカンパニーとはらモータースの「テスタロッサ」!