JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/07/20

第2次大戦後の西ドイツで活躍したキャビンスクーターの傑作! メッサーシュミット「KR175」


sn180717-01-01.jpg

メッサーシュミット「KR175」1954(昭和29)年式。エンジンサウンドはスクーターのそれに近かった。MEGA WEBにて開催されたヒストリックカー同乗イベントにて撮影。

 第2次大戦における敗戦国として、不安定な経済状態が他国よりも長く続いた西ドイツ(当時)。そこで誕生した傑作キャビンスクーターが、メッサーシュミットの「KR」シリーズだ。「KR175」、その排気量アップ版の「KR200」、そのオープンカー版「KR201」の3モデルがあり、今回紹介するのは「KR175」だ。この「KR」シリーズは、バブルカーの傑作であったBMW「イセッタ」(記事はこちら)と共に、西ドイツ(当時)の戦後の混乱期を支えた。

 一見するとクルマだが、キャビンを持ったスクーターであるキャビンスクーター。その誕生理由は、第2次大戦で欧州は戦勝国も敗戦国も等しく大きな被害を受け、経済的に混乱が続いたことにある。

 一般市民にとってクルマはほしくても経済的に手を出せず、かといって手が届くスクーターは荒天時に弱いという短所があった。そうした中で誕生してきたのが、スクーターにキャビンを装備させてしまうという「KR」シリーズに代表されるキャビンスクーターだったのである。

sn180717-01-06.jpg

「KR175」を真正面から。2人乗りだが、シートがタンデムのため、横幅はかなり細身だ。全幅は1220mm、前輪のトレッドは1080mmとなっている。

sn180717-01-03.jpg

「KR175」を横から。後ろは1輪であり、今風にいえばリバーストライクということになる。側面の窓はスライド式。ただし、前席側を全開にすると後席側がふさがり、逆に後席側を全開にすると前席がふさがってしまうので、半分ずつになるよう調節する必要がある。

sn180717-01-05.jpg

「KR175」を後方から。エキゾーストパイプは右側にある。またリアには荷物をくくりつけるためのキャリアーが備えられている。

→ 次ページ:
「KR175」は戦闘機の余剰パーツを使って開発した!?

メルマガ登録はこちら