JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/07/06

誕生52年! 初代から11代目までトヨタ「カローラ」の歴史に迫る【前編】


sn180703-01-01.jpg

初代「カローラ」のモノクロ画像。スタイリングは日本人デザイナーによるもの。「カローラ」というとファミリーカーのイメージが強いが、初代は高速性能をイメージさせるため、ヘッドランプ周辺のデザインを工夫し、豹の目のような精悍さを表現したそうである。

 1966(昭和41)年11月の発売以来52年、12代にわたって日本だけでなく世界中で多くの人々に愛用されているトヨタ「カローラ」。そこで、初代から11代目までの旧モデルを紹介する。前編は初代から4代目までだ。

カローラとはどのような経緯で誕生した?

 1950年代後半から1960年代半ばにかけて、当時のトヨタが一般向けにラインナップしたのは2車種。タクシー業界からの要請などもあって、1957(昭和32)年に発売した排気量1Lクラスの小型セダン「コロナ」と、通商産業省(現・経済産業省)の「国民車構想」に沿って開発し、1961(昭和36)年に発売した排気量700ccクラスのコンパクトカー「パブリカ」である。

 初代「カローラ」は、この2車種の間を埋めることを目的に開発され、1966(昭和41)年11月に発売された。その名は英語で「花の冠」という意味であり、「人目を引く、美しいスタイルのコンパクトカー」をイメージして命名されたそうである。

→ 次ページ:
日本にマイカー時代を到来させた1台!

メルマガ登録はこちら