JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/06/26

1970年代スーパーカーブームをけん引した1台! フェラーリ「512BB」with「365GT4/BB」


sn180625-01-01.jpg

フェラーリ「512BB」。スーパーカーブームをけん引した1台。「ごーいちにーびーびー」という読み方のほか、当時は子ども向けの書籍などの影響で、小中学生を中心に「ごーいちにーべーべー」という読み方もされていた。2009年にMEGA WEBで開催された「70年代懐かしのスーパーカー展」で撮影。

 1970年代半ばから後半にかけて日本に訪れたスーパーカーブーム。それをけん引した1台が、今回紹介するフェラーリ「512BB」で、当時のフラッグシップモデルだ。闘志むき出しで噛みついてきた新興ライバルのランボルギーニが送り込んできた「カウンタック LP400」(記事はこちら)に対し、返り討ちにせんとぶつけた1台である。

 1974(昭和49)年にランボルギーニがV12エンジンを初めてミッドシップにレイアウトして「カウンタック LP400」を発売すると、フェラーリは豊富なレース経験からフィードバックした「ベルリネッタ・ボクサー(BB)」というコンセプトで対抗。その結果、「BB」シリーズは誕生した。

「ベルリネッタ・ボクサー」とはどんなコンセプト?

 BBの「ベルリネッタ」とはイタリア語で小型のスポーツクーペを意味し、「ボクサー」とは水平対向エンジンという意味だ。ただし実際に搭載されたのは水平対向エンジンではなく、バンク角180度のV型エンジンである(水平対向はピストンが左右で一直線に並ぶが、V型は左右で互い違いに並ぶ)。BBシリーズは、フェラーリのロードカーとして初めてV12エンジンをミッドシップにマウントするクルマとなった。

 「カウンタック LP400」から半年遅れでデビューとなったBBシリーズの第1号が、「365GT4/BB」だ(次ページで紹介)。その第2世代として1976(昭和51)年10月に登場したのが「512BB」である。

 「365GT4/BB」の名称の365は1気筒当たり365ccを意味しており(総排気量は4390cc)、12気筒であることと合わせて当時のフェラーリのレーシングカーから引き継がれた伝統だ。しかし「512BB」はネーミングのルールが変わり、「5」は総排気量4942ccをほぼ5Lとみなしての5、「12」は12気筒の12という意味となった。

sn180625-01-02.jpg

フェラーリ「365GT4/BB」。ほぼ「512BB」とデザインは一緒だが、大きく4か所ほど異なる。2009年にMEGA WEBで開催された「70年代懐かしのスーパーカー展」で撮影。

→ 次ページ:
「512BB」と「365GT4/BB」徹底比較!

メルマガ登録はこちら