JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/06/25

第2次大戦後、BMWを救ったバブルカー! そのキュートさで今も人気の「イセッタ300」(1960年式)


sn180622-01-01.jpg

タマゴ型のデザインがキュートなBMW「イセッタ300」1960(昭和35)年式。一見すると3輪に見えてしまうが、後輪のトレッドが狭いためで、れっきとした4輪車(イギリス向けに3輪仕様も製造された)。ただし、この狭さのためディファレンシャル・ギアを備えていない。「イセッタ300」は1955(昭和30)年に登場し、画像のMEGA WEBヒストリーガレージで所蔵する1台は1960年式。2018年6月16日・17日に開催されたヒストリックカー同乗試乗会で撮影。

 今でこそ、高級車メーカーとして成功しているBMWだが、創業当初から順風満帆というわけではなかった。経営危機に陥るほどかつては厳しい状況が続いたのだが、その救世主となったクルマをご存じだろうか? 「バブルカー」といわれる2人乗りの超小型車の代表的な1台である「イセッタ」。そのキュートさで今でも人気の1台だ。

 第1次大戦のさなか、1916(大正5)年にドイツ・バイエルン州ミュンヘンで誕生した、バイエルン発動機製造株式会社ことBMW。ドイツ語でBayerische Motoren Werke(英語ならBavarian Motor Work)の略が、BMWである。当初は航空機エンジンメーカーとしてスタートし、第1次大戦後には2輪車用エンジン、さらには2輪車そのものを製造するようになる(記事はこちら)。そして1928(昭和3)年から4輪車製造に乗り出した(記事はこちら)。

 しかし第2次大戦で母国ドイツが敗退したことで、BMWは大きな経営危機に瀕することになった。ドイツは戦後、戦勝国によって東西に二分され、旧・ソビエト連邦が管轄する東ドイツ領内にBMWの重要な工場のひとつが入ってしまったためである。

 西側に残った本社は企業として存続することを許されたものの、航空機、2輪車、4輪車、そしてそれらに搭載するエンジンなど、兵器につながる機器の開発や製造は、戦勝国によって一定期間禁止されてしまう。戦前に設計開発した2輪車や4輪車の設計図面や工作機械まですべてが没収されたそうで、一時は鍋や釜などの製造で糊口を凌いだという。

sn180622-01-04.jpg

「イセッタ300」を側面から。シティコミューターとしてなら今でも十分活躍できると思われ、「イセッタ」のコンセプトを引き継いだ「マイクロリーノ」というEVを、スイスのマイクロ・モビリティ・システム社が手がけている(記事はこちら)。

→ 次ページ:
「イセッタ」がなかったらBMWは今ではなかった!?

メルマガ登録はこちら