JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/06/25

あのアニメの怪盗も愛車とするイタリアン・コンパクトカー! フィアット「ヌォーヴァ 500D」(1962年式)


sn180621-01-01b.jpg

フィアット「ヌォーヴァ 500D」1962(昭和37)年式。「ヌォーヴァ 500」シリーズの中の1車種で、1960(昭和35)年に登場。イタリア語で500は「チンクエチェント」(5が"チンクエ"、100が"チェント")といい、日本でもフィアット「500」シリーズを「チンクエチェント」と呼ぶことが多い。撮影した「ヌォーヴァ 500D」は、MEGA WEBヒストリーガレージ所蔵の1台。2018年6月16日・17日に開催されたヒストリックカー同乗試乗会で走った1台で、同イベントにて撮影した。

 洋の東西を問わず、小型車人気は普遍で、歴史に名を残す大ヒットをした名車は多い。フィアット「ヌォーヴァ 500」シリーズもそのひとつだろう。「ヌォーヴァ 500」シリーズは「500」としては2代目で、「新しい」を意味する「ヌォーヴァ」がつけられている。1957(昭和32)年から販売が始まり、マイナーチェンジを繰り返しつつ1975(昭和50)年まで18年間生産され続け、世界的な人気も博し、シリーズ累計で367万8000台という大ヒットとなった。

 スクーターのオーナーが乗り換えたくなる低価格でいて、実用的な4人乗りのコンパクトカー(当時は、マイクロカー、スモールカーという呼び方をした)として、本国イタリアではクルマを手にすることを考えていなかった大衆にも大いにアピール。あまりにもヒットしたため、同国では「ヌォーヴァ 500」しか走っていない、といわれたほどの時期もあったという。「ヌォーヴァ 500」シリーズは、現在では同国の戦後復興の象徴ともいわれているのである。

日本での人気も高い「チンクエチェント」!

 日本でも当時から人気が高く、フィアット「500」といったら、この2代目の「ヌォーヴァ 500」を指すことが一般的だ。また、そのコンパクトで丸みを持ったデザインがかわいいとして、女性からの支持も根強い。

 そして、国民的な知名度を誇るアニメ「ルパン三世」でも活躍しており、「ルパンの愛車」として知られる。「ルパン三世」は「ヌォーヴァ 500」の活躍などもあってイタリアでの人気がとても高く、日本国内では2015年に放送されたTVシリーズの通称「パートIV」は、イタリアで先行して放送されたほどである(もちろん、「パートIV」でも「ヌォーヴァ 500」が活躍) 。

sn180621-01-04.jpg

「ヌォーヴァ 500D」を側面から。ドアはヒンジが後ろにあることからわかるように、前開きだ。

sn180621-01-06.jpg

「ヌォーヴァ 500D」を後方から。どの角度から見ても、角の取れた丸みのあるデザインをしており、見る者を和ませる。

→ 次ページ:
そもそもフィアットってどんな自動車メーカー?

メルマガ登録はこちら