JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/06/22

蘇る映画「マッドマックス」第1作の「ブラック・インターセプター」! 激アツの旧車レプリカに震える!!


sn180615-01-01.jpg

1979年公開の映画「マッドマックス」第1作の劇中で、主人公マックスの相棒兼"武器"として活躍した「ブラック・インターセプター」のレプリカ車。筑波山温泉・彩香の宿 一望、通称「インターセプターホテル」で「MAD MAX インターセプタープラン」を申し込むと、このレプリカ車の助手席に乗って公道を走ってもらえたり、運転席に座らせてもらえたりする。この1台は、劇中の撮影で使用されたオリジナルに世界で最も近いとされる"由緒正しい"1台。「MAD MAX インターセプタープラン」は大人1泊1万2000円(税別)で2食付き。「お台場旧車天国2017」にて撮影。

 ジョージ・ミラーが監督し、若き日のメル・ギブソンが主演した、バイオレンス・カーアクション映画「マッドマックス」(1979年公開)をご存じだろうか? 近未来のオーストラリアを舞台に、圧倒的なインパクトを見たものに植え付けた架空のマシン「ブラック・インターセプター」を覚えているだろうか?

 「マッドマックス」第1作は、凶悪な暴走族により大切なものを失ったマックス・ロカタンスキーが警官のバッジと矜持を捨て、強烈な復讐劇を始めるというストーリーだった。その復讐においてマックスの足であり、時には武器となったのが「ブラック・インターセプター」だったのである。

 インパクト絶大のカーアクションが展開されたり、暴走族たちがカワサキやBMWなど実在の大型バイクに乗っていたりするなど、「マッドマックス」第1作は当時の若者、現在の40~50代のクルマ好きやバイク好きに猛烈に突き刺さった。その大きな理由のひとつが「ブラック・インターセプター」だったのである。主人公マックスと並び、もう一方の主役だったといえる「ブラック・インターセプター」。それはどんなクルマだったのか?

sn180615-01-03.jpg

車内にはマックスの警官の身分証明書をイメージした小物まで置いてあった(顔写真は許可を得ての使用かどうか確認できなかったため、伏せてあります)。「お台場旧車天国2017」にて撮影。

→ 次ページ:
「ブラック・インターセプター」に迫る!

メルマガ登録はこちら