JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/06/21

待望のターボ化!2代目S130系「フェアレディZ-Tバールーフ ターボ」


sn180614-01-01.jpg

初代「フェアレディZ」の最大の特徴であった、ロング・ノーズ&ショート・(リア)デッキを初め、さまざまな特徴を引き継いだ2代目。スポーツカーだった初代とは異なり、GTカーとしての色合いが濃かった。画像の1台は、1980年11月に追加されたグレードの「Tバールーフ」にターボエンジンを搭載し、1982年10月に追加された「フェアレディZ-Tバールーフ ターボ」。「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑2017」にて撮影。

 S130系の2代目「フェアレディZ」は、大記録を打ち立てた初代S30系(記事はこちら)の後を受けて、1978年8月に登場した。大記録とは、9年間で、日本を含む全世界において、単一形式のスポーツカーとして約52万台という販売台数を記録したこと。今後、破られることはないであろう世界記録を打ち立てた初代S30系に続けとばかり、プレッシャーのかかる中での生誕だった。

 2代目「フェアレディZ」はロング・ノーズ&ショート・(リア)デッキを筆頭に、ファストバックスタイル、フロントフェンダー前面に配置された丸目のヘッドランプなど、初代の特徴を引き継いではいるが、すべてを一新。

 全長を伸張し、特に2+2タイプの後席の居住性を大幅に拡大した。2シーターのスポーツカーから、4人が乗れて快適に長距離移動できるGTカー(走行性能に加え、長距離ドライブが考慮されたタイプ)に開発の方向性をシフトしていったのである。

 2代目「フェアレディZ」は1983年8月まで6年間販売され、初代には及ばなかったが、これまた大ヒットとなり、全世界で10万台を販売した。

sn180614-01-11.jpg

初代「フェアレディ 240ZG(HS30H型)」。グランド・ノーズを装着しているため、フロント部分が丸みを帯びている。ロング・ノーズ&ショート・デッキなど、2代目は初代のトレードマークである各所のデザインを踏襲しているのがわかる(初代の記事はこちら)。

sn180614-01-05.jpg

トランクルームがなく、リアのラインがテールエンドまでつながっているデザインを「ファストバック」スタイルと呼ぶ。リア部分はゲートとなっており、開閉可能だ。

→ 次ページ:
エンジンは初代「240Z」をさらに上回る排気量に!

メルマガ登録はこちら