JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/05/10

「レガシィ」に「インプレッサ」に…「スバル360」!? スバルのラリーカーを集めてみた!

 スバルは熱狂的なファンが多いことで知られるメーカーだ。独創的なクルマであることも人気の理由だが、ラリーに長く参戦してきたイメージもとても強いはずだ。

 1972年にオーストラリアのサザンクロスラリーに「レオーネ」で参戦したのを皮切りに、1990年からはWRC世界ラリー選手権にも本格参戦。1995~97年には、日本メーカーとしてマニファクチャラーズタイトル3連覇を達成するなど、大いに活躍した。

 ここでは、新旧のスバルのラリーカーを集めてみた。あのスバルブルーのマシンも複数台紹介する。

故コリン・マクレーが乗った「インプレッサWRC98」

sn180427-01-01.jpg

「インプレッサWRC98」。全長4340×全幅1770×全高1405mm、ホイールベース2520mm。車重1230kg。エンジンは排気量1994cc、水平対向4気筒DOHC空冷インタークーラーターボ「EJ20」。最高出力は220kW(300ps)/5500rpm、最大トルク470N・m(480.0kg-m)、センターデフ方式フルタイム4WD、6速セミAT。モータースポーツジャパン2018にて撮影。

 WRCは1997年に大幅なルールの改正があり、それまでは市販車に近い「グループA」マシンしか参戦できなかったが、大幅な改造が可能な「WRカー」も走れるようになった。スバルは素早い対応で同シーズンの第1戦、伝統のモンテカルロ・ラリーからWRカー仕様の「インプレッサ」を導入。その年はドライバーズタイトルの獲得は叶わなかったものの、1995年から続く3年連続となるマニファクチャラーズタイトルを獲得した。

 画像の「インプレッサWRC98」は、その1997年仕様のWRカーを踏襲した1998年仕様マシン。英国人初のWRC世界王者で、豪快な走りから人気だった故コリン・マクレーが搭乗した最後の「インプレッサ」である。マクレーは、イタリアで行われた第11戦ラリー・サンレモにおいて、このマシンで3位に入賞した。

 なお、スバルのラリーカーは、1993年からこのスバルブルー(濃紺)にイエローというカラーリングをまとって、WRC世界ラリー選手権を戦った。スバルはこのカラーリングで、マニファクチャラーズタイトル3連覇を達成。そして、世界王者も3人誕生した。そのため、今でもこのカラーリングは人気が高い。

sn180427-01-02.jpg

「インプレッサWRC98」のリアクォーターウィンドウに記されている、「McRae(マクレー)」の名。Mcとはスコットランド人および先祖にスコットランド人を持つ人の姓によく見られ、ゲール語で「息子」を意味する(英語でいうところの「son」と同じで、レーさんの息子という意味の姓)。本来、ラリーカーに記されている名前は非常時に備えたもので、コ・ドライバーと並べて表記される。出血があるような事故のときにすぐに輸血できるよう、名前の後ろにはそれぞれの血液型も記される。モータースポーツジャパン2018にて撮影。

→ 次ページ:
スバル初のクルマにして軽のあのクルマがラリーに!

メルマガ登録はこちら