写真ビストロ SNAP×SNAP 5月1日はアイルトン・セナの命日…!
ヘルメットマン・川崎和寛氏が秘蔵の写真を公開!

アイルトセン・セナが事故でこの世を去ってから四半世紀近くが経つ。そんなセナがマクラーレン・ホンダ時代、2回目と3回目のワールドチャンピオンとなった1990年と1991年に二人三脚で彼を支えた人物がいる。ヘルメットマンこと元ホンダの川崎和寛氏だ。今回、川崎氏が個人的に秘蔵していたセナと共に写っている3枚の写真のWebでの公開許可をいただいた。川崎氏の話と共に写真を掲載する。

2018年04月25日 掲載

180416-01-01b.jpg

故アイルトン・セナ。2018年5月1日で、彼が事故死してから24年になる。この写真は1990年の第6戦メキシコGPの予選後、急遽打ち合わせとなった時に撮られたもので、その一部を拡大した。寂しげな表情に見えてしまうのは、彼がすでに故人だからという思いのせいなのだろうか。この写真のフルサイズのものは3ページ目に掲載した。画像提供:川崎和寛氏

 1987年からフジテレビで独占中継が始まると、日本でF1は大ブームとなった。その立役者のひとりで、"最も日本人に愛された外国人ドライバー"と当時いわれたのが、故アイルトン・セナである。天才といわれ、勝利のためならあらゆるものを犠牲にするようなストイックな姿勢が日本人の心に響いたのか、セナ本人も「日本は第2の故郷」というほど大人気となった。

 そんなセナのF1デビューは1984年。トールマンからだった。翌年、当時の名門ロータスに移籍し、中継の始まった1987年には中嶋悟と共にロータス・ホンダ「99T」をドライブ。1988年にはF1ドライバー人生で最大のライバルとなるアラン・プロストと共にマクラーレン・ホンダ「MP4/4」を駆り、16戦中15勝(セナ8勝、プロスト7勝)という快挙を達成。そして、自身も鈴鹿サーキットでの日本グランプリで初の世界王座を獲得した。

 その後、1990年と1991年にも王座を獲得し、通算3度、世界王者となった。しかしその後は、マクラーレンのマシンの性能が劣るようになってなかなか勝てなくなり、4度目の世界王座を求めてウィリアムズに移籍した1994年5月1日、第3戦サンマリノGPで事故に遭い、34歳という若さで帰らぬ人となってしまったのである。

 そんなセナのF1人生で、2回目・3回目の王座獲得となった1990年と1991年の2年間、ホンダのヘルメット担当スタッフとして、二人三脚で支えた人物がいる。それが、川崎和寛氏だ。当時TV中継の実況を担当していた古舘伊知郎氏が名付けた"ヘルメットマン"の愛称を覚えている方もいることだろう。

 ホンダはエンジンだけを供給していたイメージが強いが、この2年間だけ「レオス」というブランド名でマクラーレン・ホンダのドライバー2人にヘルメットを供給しており、そこで重責を果たしたのが川崎氏なのである。セナが2年連続で世界王座を獲得できたのも、川崎氏がいたことも理由のひとつとされているほどの人物なのだ。

 川崎氏はセナの要望を聞いて1gでも軽いヘルメットを開発するだけでなく、スタッフとして毎レース帯同。ヘルメットのスポンサーロゴ貼りやシールドへの捨てバイザー貼り、無線機のセッティングや導通チェックなど、ヘルメットにかかわるありとあらゆる作業を行った(普通はドライバー自身が行う)。

 また豊富なレース活動の経験などから、時にはTカー(予備のマシン)のコックピット内にパッドを貼り付けるような作業も、当時のマクラーレンの総帥ロン・デニスに任されていたという。セナも、川崎氏が帯同することを契約書に加えるほど信頼を寄せていたという。

 今回、そんな川崎氏に当時の話を伺うことができた。それと同時に、川崎氏が個人所有するセナとの3枚の写真について、Webでの公開許可をいただいた。

180416-01-05.jpg

1990年と1991年の年間、ホンダのレオス担当として、サーキットに帯同してセナのサポートをした川崎和寛氏。当時のさまざまな話を聞かせてくれた。現在はホンダを定年退職し、トークショーなどで個人的にセナのことをファンに伝えているという。なお、セナのヘルメットを開発していたということで、現在でも川崎氏に「ぜひ」と自分のヘルメットのデザインを依頼してくる方が年間に何人もいるという。

→ 次ページ:
まずはモナコGPでのカットから!