写真ビストロ SNAP×SNAP レッドブル・トロロッソ・ホンダ「STR 13プロトタイプ」に見る、現代F1空力デザインの3次元曲面的美しさ&複雑さ

2018年04月26日 掲載

sn180424-01-01.jpg

レッドブル・トロロッソ・ホンダ「STR13プロトタイプ」。モータースポーツジャパン2018のホンダブースにて撮影した。

 現代のF1マシンは、その空力効果を追い求めた結果、もはや芸術的といっていいほどの複雑で精密な3次元曲面で構成されている。レッドブル・トロロッソ・ホンダ(スクーデリア・トロロッソ・ホンダ)の「STR13プロトタイプ」を例に取り、その精緻さを見ていただこう。

 「STR13プロトタイプ」は、2017シーズンのマシンである「STR12」をベースに、2018シーズンの空力パーツ、そして2018シーズンから導入されたドライバーの頭部保護システム「ヘイロー(Halo)」などを組み付けたもの。カラーリングも2018シーズン仕様になっている。「STR13」の公表されているスペックについては最終ページに掲載した。

 かつてF1マシンのデザインといえば、実にシンプルだった。風洞実験と実走テストと、せいぜいコンピューターを使うといってもCADなどを使っていたレベルだったのである。例えば、1988年にアイルトン・セナとアラン・プロストのコンビで全16中15勝した伝説のマクラーレン・ホンダ「MP4/4」など、現在のマシンと異なって直線的な部分も多く、単純な曲面で構成されたシンプルな形状のマシンだった。

 しかし1990年代以降、コンピューターの計算処理速度がアップしてくると、空気の流れを計算・可視化できる「数値流体力学(CFD)」によるシミュレーションを各チームが導入するようになっていく。それまでは実際にスケールモデルを作って風洞施設で実験し、そして実際に有効なら実走テストで試し、確実な効果を確認した上で実際にレースで使用するという流れだった。それがCFDによってコンピューターの中だけで空力の実験を行えることから、開発時間を短縮できるようになっていったのである。

 そして同時により効果を求めて、複雑極まりないデザインが施された空力パーツも作られるようになっていった。しかも、コンピューターの計算処理速度は年を追うごとにアップしており、CFDを活用したデザインは複雑さが増す一方。そうして、今では実に多くのパーツが複雑な3次元曲面デザインを採用しているのである。

 それでは、もはやアートのレベルであるとさえいえる現代のF1マシンの造形美を堪能していただきたい。

sn180424-01-14.jpg

正面から。フロントウィング翼端のフラップの数と複雑さだけでも驚異的。かつて80年後半から90年代半ばにかけて、フジテレビの独占中継でF1ブームが日本に起きた時代のF1マシンを覚えている方も多いと思うが、もしあの時代からしばらくF1から遠ざかっていた人が現代のF1マシンを見たら、余りの複雑さに思わず自分の目を疑ってしまうのではないだろうか?

→ 次ページ:
さらに「STR13」をさまざまな角度から!