写真ビストロ SNAP×SNAP 4月24日は「スカイライン」の誕生日。初代から12代目まで、歴代モデルを一挙紹介
中編:5代目「C210」系から8代目「R32」型まで

2018年04月22日 掲載

sn180419-01-00b.png

 現在、13代目が販売中の日産「スカイライン」。初代が、日産に吸収合併されたプリンス自動車工業から発売されたのが1957(昭和32)年4月24日のことで、今年で61年になる。そんな日本を代表する長い歴史を持つ「スカイライン」の歴代モデルに迫るシリーズの中編は、1977年登場の5代目から1989年登場の8代目までを取り上げる。

 画像はすべて約10年前に横浜赤レンガ倉庫で開催されたイベント「NISSAN MOTORSPORTS EXHIBITION 2007」にて撮影したものである。

 なお、初代「ALSI」系から4代目「C110」系までを紹介した前編はこちら(新しいタブが開きます)。

「ジャパン」の名が与えられた5代目「C210」系(1977年~)

sn180418-01-05.jpg

「スカイライン 2000GT-E・L」(HGC211型)。1980年式。サイズは、全長4600×全幅1625×全高1390mm、ホイールベース2615mm、トレッド前1370mm/後1350mm。車重1190kg。1998cc・直列6気筒・SOHCエンジン「S20」の最高出力は130ps(96kW)/6000rpm、最大トルクは17.0kg-m(167N・m)/4000rpm。サスペンションはフロントがストラット、リアがセミトレーリングアーム。ブレーキは前ディスク/後ドラム。タイヤは185-70 HR14。

 「ケンメリ」こと4代目「C110」系の大ヒットを受けて、5代目「C210」系は外観を踏襲し、1977(昭和52)年に発売された。"日本の風土が生んだ日本の名車"という意味が込められた広告キャンペーンのキャッチフレーズ「SKYLINE JAPAN」にちなみ、「ジャパン」のニックネームで呼ばれた。

 画像は「2000GT-E・L」(HGC211型・1980年式)。「C210」系は、1978(昭和53)年8月に、昭和53年排気ガス規制に適合した電子制御式エンジンを搭載した「NAPS」(Nissan Anti Pollution System:日産公害防止システム)仕様車となったことで、型式は「C211」系となった。さらに1979(昭和54)年7月にビッグマイナーチェンジが行われ、ヘッドランプが丸目4灯から画像のように角形2灯に変更され、顔つきが大きく変わった。

 5代目の中でトピックとなるのは、1980(昭和55)年になって主力モデルの「2000GT」シリーズに追加された、「スカイライン」初のターボモデル。最高出力145psを誇り、同車は当時の国産ターボブームの火付け役になったという。

→ 次ページ:
「ニューマンスカイライン」や「鉄仮面」の6代目!