JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/04/20

4月24日は「スカイライン」の誕生日。初代から12代目まで、歴代モデルを一挙紹介
前編:初代「ALSI」系から4代目「C110」系まで

sn180418-01-00.png

 現在、13代目となる「V37型」が販売中の日産「スカイライン」(2014年に販売開始)。長い歴史を有する日本を代表する車種であり、初代は日産に吸収合併される前のプリンス自動車工業によって1957(昭和32)年4月24日に誕生。今年で誕生から61年を数える。そこで、ここでは初代から12代目まで、3回に分けて歴代の「スカイライン」を紹介しよう。まずは前編として初代から4代目までをご覧いただく。

 なお、画像はすべて約10年前に横浜赤レンガ倉庫で開催されたイベント「NISSAN MOTORSPORTS EXHIBITION 2007」にて撮影したものである。

記念すべき初代「ALSI」系(1957年~)

sn180418-01-01.jpg

「スカイライン デラックス」(ALSID-1型)。1957年式。サイズは、全長4280×全幅1675×全高1535mm、ホイールベース2535mm、トレッド前1340/後1380mm。車重1310kg。1484cc・直列4気筒・OHVエンジン「GA30」の最高出力は60ps(44kW)/4400rpm、最大トルクは10.75kg-m(105N・m)/3200rpm。最高速度は当時の国産乗用車最速の時速125km。ブレーキは前後共にドラム。タイヤは6.40-14-4PR。

 「スカイライン」(ALSI系)は、プリンス自動車によって、「プリンスセダン」の後継として開発されたフルサイズセダンだ。グレードは「スタンダード」と「デラックス」の2種類があり、画像は「デラックス」(ALSID-1型・1957年式)。違いはグリルとモールの形状だ。東京・日比谷の宝塚劇場において、日本初のショー形式による盛大な発表会で披露されたことが当時話題となったという。

 「ALSI」系のデザイン的な特徴は、サイドのクロームメッキモールや、リアの小型テールフィンなど、米国車風のところ。豪華な高級車だったのである。

 なお、代々「スカイライン」は新機軸のメカニズムを搭載するのが習わしとなっていくのだが、初代ではド・ディオン・アクスル方式のリア・サスペンション(フロントサスはダブルウィッシュボーン)、2スピードワイパーなどが日本初として搭載された。また1960(昭和35)年2月にはマイナーチェンジが行われ、これまた日本初となる4灯式ヘッドライトが採用された。

→ 次ページ:
プリンス「スカイライン」の2代目!

メルマガ登録はこちら