JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/04/03

【モーターサイクルショー2018】
「陸王」に「カタナ」に「NSR250R」!
バイクの旧車たちを集めてみた

sn180402-01-03.jpg

埼玉自動車大学校ブースで展示されていた和製ハーレーダビッドソンこと陸王内燃機関株式会社による「陸王」。1941年式。排気量750cc、最高出力22ps(kW)/4250rpm、最大トルク4.1kg-m(N・m)/3200rpm。ミッションは左手動3速、最高速は時速110kmをマークした。

 3月23日から25日まで開催された、第45回「東京モーターサイクルショー」。最新モデルだけでなく、往年の名車たちも多数展示されており、世代を超えて多くの来場者の熱い視線を浴びていた。ここでは、そうした往年の名車たちを紹介する。

レストアした「陸王」を展示した埼玉自動車大学校

 まず紹介するのは、和製ハーレーダビッドソンこと「陸王」だ。

 「陸王」がなぜ和製ハーレーダビッドソンといわれるかというと、実はライセンス生産だからだ。ハーレーダビッドソンは1916年から輸入販売が始まり、その後、ライセンス生産が行われるようになった。ライセンス生産されたハーレーダビッドソンは1935年に完成し、「陸王」の車名は公募によって選ばれたのだという。生産したのは、陸王内燃機関株式会社である。

 陸王の排気量は1200ccと750ccの2種類があり、官公庁や報道関係に納車されたそうだ。今回の展示車両は750ccである。

 なお、展示された「陸王」は平成5年に同学校に寄贈され、それを当時の講師と生徒たちで走行できるまでレストアした。それから四半世紀経ってはいるが、整備すれば現在でも走れるだろうということである。

sn180402-01-04.jpg

「陸王」を横から。しばらく走らせていないそうだが、整備をすれば走行が可能だという。さすがに車検を通すのは難しいということで、一般公道は走れない。

→ 次ページ:
スズキ「カタナ」を4連発!

メルマガ登録はこちら