JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/03/03

ごっつくてデッカイ!
日本でなかなか見られない大型車を集めてみた!

 大型車は取り回しは大変だが、憧れる人が多いのもまた事実。しかも、国産メーカーや日本法人のある海外メーカーでも、日本国内の道路事情などにそぐわないことから販売していない車種が存在する。ここでは、そうした日本ではなかなか見られない大型車をピックアップしてみた。

トヨタ「タンドラ」の巨大さ!

sn180226-01-00.jpg

日本の自動車メーカーというと、どうしてもコンパクトな燃費のみを重視しているようなイメージが強いが、米国のように日本とはまったく異なる道路事情・交通事情の国では、専用の大型ピックアップトラックなどを販売している。展示車両は、東京オートサロン2018(TAS18)のMLJブースの「フレックスドリーム タンドラ」。

 北米トヨタのみで販売されている車種がいくつかあるが、大型ピックアップトラック「タンドラ」はその代表格だ。

 ご覧の通り、日本国内では大通りしか走れないのではないかというほどの存在感があり、ディメンションは全長5814×全幅2029×全高1930mmというビッグサイズ。車重は3039~3175kgだ。V8エンジンの排気量は4.6~5.7L。6m近い全長、2mオーバーの全幅、3tを超える車重と、貫禄たっぷりの1台である。

 ちなみにバスやトラックを除いたトヨタ車の国内のラインナップ中で、最も大型なのが「ハイエース」の内の「スーパーロング」グレードで、5380×1880×2285mm。「タンドラ」の方が全長で40cm強、全幅でほぼ15cm大きく、日本の狭い裏道での取り回しはなかなかやっかいそうな大きさなのを実感してもらえるのではないだろうか(ただし、車重は両車ともほぼ同じ)。

sn180226-01-01.jpg

こちらの「タンドラ」は、トヨタの「5大陸走破プロジェクト」で使用されたもので、MEGA WEBにて撮影。おそらく、多くの方が「こんなに横幅があると、うちの近所の細い道に入れない! 曲がり角でこする!」と思うのではないだろうか?

→ 次ページ:
日産の国外専売は3車種!

メルマガ登録はこちら