JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/02/27

「ハチロク」ことAE86「スプリンタートレノ」
アニメ新劇場版・オフィシャルカーを激撮!!

 現在、日本の旧車でおそらく最も有名な1台といえば、"ハチロク"ことトヨタ「スプリンター トレノ(AE86型)」ではないだろうか。全48巻で約5000万部の発行部数を誇るコミック「頭文字(イニシャル)D」が連載を開始したことで、1990年代半ばから爆発的に知られるようになった。この1車種だけの中古車市場まで形成されるに至り、もはや社会現象といっていいほどのハチロク旋風を巻き起こした。

 そして多くのファンが中古のハチロクを購入し、劇中の「藤原とうふ店」号の完全コピー車製作に挑んだ。そんな中から、今回は同作品のアニメ新劇場版においてオフィシャルカーとして選ばれ、DVDジャケットなどにも登場するほどの完成度を誇る、1983年式ハチロク(オーナーは岡本律哉さん)を撮影したので紹介しよう。

sn180221-01-01.jpg

「頭文字D」アニメ新劇場版のオフィシャルカー。ボディ右サイドの「藤原とうふ店」(主人公の自宅はとうふ屋で、ハチロクが配達車で手伝いをさせられている)のロゴは比較的見かけるが、内装もこだわり抜いて細かいところまで再現度が高められた1台。2017年11月25日に開催された「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」にて撮影した。

sn180221-01-03.jpg

左サイドをローアングルから。ナンバープレートは撮影用に、アニメ新劇場版のものに変更してある細かさ。主人公のホームコースは群馬県榛名山をモチーフにした架空の「秋名山」の山頂付近にある秋名湖とふもとの温泉街をつなぐワインディングロード。

sn180221-01-05.jpg

ハチロクを右サイド後方から。ボディ側面に貼ってある「89」とは、「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」でのゼッケン。

→ 次ページ:
ハチロクとはどのような系統のクルマだったのか?

メルマガ登録はこちら