JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2018/02/26

元祖スーパーカーとして、
70年代に人気を博した『狼』!
ロータス「ヨーロッパ」を徹底紹介。

sn180220-01-01.jpg

1966年に登場したロータス「ヨーロッパ」は大別して4タイプあり、画像の車両は1971年に登場した3タイプ目の「ツインカム」。エンジンを換装してパワーアップし、運転席後方の両脇のフィンも削られて外見も変化。2017年11月25日に開催された「2017 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」にて撮影。本来、ロータスのF1マシンでも有名なこの黒地に金文字というJPS(ジョン・プレイヤー・スペシャル)カラーは、4タイプ目の「スペシャル」のもの。

 1970年代のスーパーカーブーム時代に大ヒットした、元祖レース漫画「サーキットの狼」(当時・池沢さとし、現・池沢早人師)。今回紹介するロータス「ヨーロッパ」は、同作品の主人公が愛車としていたこともあって、カウンタック(ランボルギーニ)、512BB(フェラーリ)、930ターボ(ポルシェ)などと並び、ブームの中でクルマ好きに人気の高かった1台だ。

 「ヨーロッパ」はその名の通り、当初は本国の英国を除いた欧州(大陸)市場に安価なGTカーを提供するというコンセプトのもとに開発された(ただし英語のスペルは「EUROPE」ではなく「EUROPA」)。そして、世界で初めてエンジンをミッドシップにマウントした量産スポーツカー(2シーター・クーペ)として、1966年12月に登場したのである。

sn180220-01-04d.jpg

「ヨーロッパ」を後方から。ミッドシップレイアウトなので、トランクリッドに見える後部はエンジンフードに当たる。エンジンルーム内は後ほど紹介。なお、ロータスの創始者コーリン・チャップマンは、市販車、コンセプトカー、レーシングカー問わず開発したクルマに必ず通し番号(タイプナンバー)をつけており、「ヨーロッパ」の最初のモデルである「シリーズ1」は「タイプ46」である。

→ 次ページ:
その独特のデザインは当時どう評された?

メルマガ登録はこちら