JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/12/11

懐かしの「オート三輪」から
最新EV「eFalcon」まで
三輪車の過去と未来!

 ダイハツの「オート三輪」や「ミゼット」に代表される自動三輪車というと、懐かしの昭和30~40年代テイスト。「あの頃はのんびりしていてよかったなぁ」と思わず郷愁を誘われてしまう1台ではないだろうか。

 そこで、今回は11月18日・19日に行われた「お台場旧車天国2017」で見かけた自動三輪車と、開発が進む最新のEV三輪車も合わせて、三輪車の過去と未来を一気に紹介する!

ダイハツ「オート三輪」

 ダイハツ「オート三輪」は、自動三輪車の代表的な存在で、画像のクルマは1969(昭和44)年式だ。オート三輪などの自動三輪車は荷台があるために重心が高くなりやすく、コーナリングでブレーキをかけると左右どちらかの斜め前方に転倒しやすいという構造的な弱点を抱えており、そうした危険性のない四輪トラックの普及と共に姿を消していった。

sn171205-01-01.jpg

一般オーナーの展示によるダイハツ「オート三輪」(1969年式)。レストアやリペイントがなされているようで、外見は新車に見えるほど手入れされている。後期タイプなので、ステアリングはバイクのようなバー型ではなく、クルマと同じ円形となっている。お台場旧車天国2017にて撮影した。

日本造機「消防三輪車 NM1型」

 すでに消滅しているポンプメーカーの日本造機株式会社が、1957(昭和36)年に製造した「消防三輪車 NM1型」。現在確認されている限り、同社が製造した消防三輪車はこれ1台のみだという。

 側面には「臼田町消防団」と書いてあり、現在の長野県佐久市に当たる旧・臼田町(うすだまち)の消防団のものではないかと思われる。

sn171205-01-03.jpg

機動力がありそうなのと、町の消防団のものなので、先行して現場に駆けつけ、初期消火に当たっていたのではないだろうか。ステアリングはバー型。お台場旧車天国2017の目玉車両のひとつとして展示された。

→ 次ページ:
ダイハツ「ミゼット」2連発!

メルマガ登録はこちら