JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/10/27

マニア垂涎!
シトロエンの往年の名車
「2CV(ドゥーシボー)」

sn171025-01-01.jpg

「2CV タイプAZL」。最初に登場した「タイプA」の排気量アップ版「タイプAZ」のデラックス仕様として1956年に発表されたのが「タイプAZL」である。「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」のシトロエン専門ショップ・アウトニーズにて撮影。

 シトロエンは、アンドレ・シトロエンによって1919年にフランスで創業した自動車メーカー。現在では同じくフランスの自動車メーカーであるプジョーと合併し、グループPSA(旧社名PSA・プジョーシトロエン)という企業となり、その傘下の1ブランドとして独自性を残して存在している。

 シトロエンはその100年近い歴史の中で、先進的な技術を開発するなどして評価されてきた一方で、経営は必ずしも順調ではなかった。

 1930年代に経営に行き詰まると、タイヤメーカーのミシュラン傘下に入ることになった。そんな時代に副社長に抜擢され、後に3代目社長となるピエール-ジュール・オギュスト・ヴィタル・ブーランジュが開発を主導したのが、今回紹介する「2CV」シリーズだ。

 日本では「ツーシーブイ」と英語読みをする人も少なくないが、「ドゥーシボー」や「ドゥセボー」などとフランス語風に呼んでいるファンも多い。ただし、発音的には「ドゥシュヴォー」が一番近いそうである。

sn171025-01-02.jpg

シトロエン「2CV」シリーズは戦前から開発が始まり、1949年に販売開始。製造は安全基準の関係で生産ができなくなる1990年まで世界中で行われ、41年間で700万台弱が生産された。

→ 次ページ:
「2CV」が開発された理由とは?

メルマガ登録はこちら