JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/10/05

【NSXの系譜】
初代の中で最高の走り、
NA2型「NSX-R」

sn170929-01-01.jpg

「NSX-R」。1990年に発表されたNA1型と比べると、2001年登場のビッグマイナーチェンジモデルのNA2型はヘッドライトがプロジェクター型になるなどフロントマスクの印象が大きく変わった。さらに、NA2型の中で走りを追求したこの「NSX-R」は、ボンネットフードにダクトがあるほか、リアスポイラーがカーボン製になるなど、さらに印象が変わっている。「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」にて撮影した。

 ホンダの初代「NSX」(NA1型)は1990年に登場した(紹介記事はこちら)。初代NSXは2005年12月に生産を終了するまでの約15年間に、マイナーチェンジを1回(1997年2月)、そしてスタイリングも大きく変更したビッグマイナーチェンジを1回(2001年12月)行っている。

 今回紹介するのは、ビッグマイナーチェンジモデルを経た際のNA2型の中でも、さらに走りを追求したグレードである「NSX-R」だ(型式はLA-NA2) 。「NSX-R」は、NA1型の時は「NSX タイプR」と呼ばれていたグレードだが、変更したものだ。

 「タイプR」とは、ホンダ車では、現行車種だと「シビック」、かつては「インテグラ」にもあったが、走りを追求したスペックのグレード名。ホンダ党でなくても、クルマ好きの多くの方がご存じのことだろう。

 初代「NSX」は通常のグレードでもスーパーカーとして十分運動性能が高いのだが、さらに軽量化を図るなどして、より走りを追求した「NSX タイプR」が設定されていたのである。

sn170929-01-03.jpg

NA1型もNA2型も同じ初代「NSX」であるため、大きなラインは変わっていない。しかしNA2型になった際にフロントマスクなどが大きく変わった上、その「タイプR」である「NSX-R」はさらにさまざまな部分が変更されている。

sn170929-01-05.jpg

リアビュー。リアウィングがカーボン製に変更され、車体下端(両マフラーの間)にリアディフューザーが設けられるなど、走りの性能をさらにアップする改良が施されている。

→ 次ページ:
NA1型との比較で「NSX-R」(NA2型)の変更点を見てみる!

メルマガ登録はこちら