JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/10/02

【フランクフルトモーターショー2017】
ランボルギーニからカーズまで
35の展示車を一挙紹介!

171107-01.jpg

ASPARK「OWL」。© JAF MW

 世界39か国約1,100社(その内、自動車メーカーは約50社)が出展した世界最大級のクルマの見本市「第67回フランクフルトモーターショー」が、9月14日~24日にかけて開催された。
 Park Blogでは、ドイツ・メーカーを中心に3回に渡りリポートを掲載した。記事にはできなかった展示車の一部を写真として紹介することで、モーターショーの雰囲気を感じていだきたい。

ビジター注目の国産EVスーパーカー

 ASPARK(アスパーク)という人材派遣や開発支援などを行う日本企業のEVスーパーカー「OWL」が今回初出展。0~100km/hが0.2秒という世界最高加速を達成したモンスターEVで、ビジターの関心を煽っていた。

© JAF MW

 マツダのブースに展示されていた1967年発売の「コスモスポーツ」。ドイツのチューニングショップによって復活されたもので、ラリーで1位を受賞した車両である。

00_suma_01.jpg

© JAF MW

展示車数100台!圧巻のベンツ・ブース

 メルセデスAMGの創業50周年を記念し、F1エンジンを搭載したハイブリッド・スーパーカー「プロジェクトワン」。人気の新型車の前では、ひっきりなしにTVクルーによる撮影が行われているが、スペインのTV番組の取材風景をご紹介。

00_suma_02.jpg

© JAF MW

 コネクトを搭載したEVらしい立体的なバックライトのデザインが特徴的なメルセデス・ベンツのコンセプトモデル「EQ A」。

IMG_1072.jpg

© JAF MW

 メルセデス・ベンツ「EQ A」のフロント部。

00_suma_04.jpg

© JAF MW

 スマートのコンセプトカー「ビジョンEQフォーツー」。バンパーのディスプレーに「go ahead(お先にどうぞ)」や名前つきのハローなどの文字が表れて、クルマ、通行人、ドライバーとのコミュニケーションを行う。

00_suma_05.jpg

© JAF MW

→ 次ページ:
パトカーからF1まで、ベンツブース

メルマガ登録はこちら