JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/08/17

ロータリーならではの
理想の前後重量配分!
初代SA22C型「サバンナRX-7」

sn170815-01-01.jpg

マツダ「サバンナRX-7」。専用に設計されたボディを持つ、ロータリーエンジン搭載の量産スポーツカーだ。

 8月4~6日に幕張メッセで開催された、クラシックカーや旧車の展示・即売会イベント『AUTOMOBILE COUNCIL 2017』。

 国内外の自動車メーカーも複数が出展したが、マツダはその中でも最多となる7台を出展。まさに"ロータリー祭り"という様相で、歴代ロータリーエンジン(RE)搭載車が多数展示された。そこで、RE車をピックアップしてスポットを当ててみる。まずは、初代「サバンナRX-7(SA22C型)」をお届けだ。


2度の大きな試練を乗り越えて誕生した「RX-7」!

sn170815-01-02.jpg

フロントビュー。当時では国産車としては珍しいリトラクタブル方式のライトを採用したことから、精悍なフロントマスクとなり、強い印象を与えた。

 REを搭載した市販車の歴史は、マツダが1967(昭和42)年に「コスモスポーツ」を発表したことでスタートする。

 しかし、REは大きな試練をすぐに迎えることになる。公害問題を受けて米国が1968年に排出ガス規制を発令。さらに1970年には、1975年以降に販売する新型車は、排ガス中の成分の炭化水素(HC)を従来の1/10にまで減らさなければいけないという、通称「マスキー法」と呼ばれる大気清浄法が米国で発令される。

 REの排気ガスの成分は窒素酸化物(NOx)が少なめだが、HCが多めなことが特徴。そのため、当初はマスキー法をクリアできないだろう(つまり米国販売は無理)といわれていた。

 それに対してマツダ技術陣は、HCに空気を加えて再燃焼させる「熱反応器(サーマルリアクター)方式」を開発することで解決したのである。

→ 次ページ:
続いてREを襲ったのは中東発の...!

メルマガ登録はこちら