JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/03/10

トヨタとヤマハが共同開発した幻の名車「2000GT」! その中のさらにレアな1台の海外輸出用試験車両「2000GT MF12型(67年)」

pa170308-01-01.jpg

今なお世界的な人気を誇るトヨタ「2000GT」。その理由のひとつがこの流麗なスタイリングだ。トヨタと共同開発したヤマハのスタッフが、量産車も1台1台板金でルーフやフェンダー、ドアなどの曲面を打ち出して実現した。

 優雅なスタイリングと、総生産台数337台という希少性、そして1967年公開の映画「007は二度死ぬ」に登場したことなどにより、「幻の名車」などと呼ばれて未だに世界中で根強い人気を誇るトヨタ「2000GT」。トヨタが当時の持てる技術のすべてを導入して開発に臨んだ、同社初のスポーツカーである。プロジェクトは64年12月にスタートした。

 ただし、入念な仕上げが必要なために通常の量産ラインでは製造できないことから、当時すでにバイクレースで実績のあったヤマハとの間にスポーツカー開発に関する技術提携を65年9月に行い、試作と生産を委託。そこから2社による共同開発が始まった。

基本はトヨタが細部はヤマハが担当

 役割分担は、トヨタが全体のレイアウト計画やデザイン、基本設計、そして生産車のチェックなど。ヤマハはトヨタの指導の下で、主にエンジンの高性能化(トヨタ「トヨペット クラウン」の直列6気筒2000ccエンジン「M型」をDOHC化)と、ボディおよびシャシーの細部設計、そして生産を担当した。生産は第一期工事を終えたばかりのヤマハ磐田新工場で行われ、1台1台ハンドメイドで生産された。

 2000GTは、2社の契約締結から約1か月後の65年10月に開催された第12回東京モーターショーに早くも試作車が参考出展され、66年にはモータースポーツやスピードトライアルなどで活躍。そして67年2月に市販1号車が完成した。

pa170308-01-02.jpg

当時のほかのトヨタ車にはない曲面を多用したデザインは、空力特性の良さにもつながり、最高時速は220kmをマークしたとされる。

→ 次ページ:
実は2000GTではなく「2300GT」!?

メルマガ登録はこちら