JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/03/02

レースで前人未踏の49連勝!
日産「スカイライン 2000 GT-R
KPGC10型(1970年式)」

pa170303-01-01.jpg

初代GT-RのKPGC10型「スカイライン 2000 GT-R」。MEGA WEBにて撮影。スカイライン 2000 GT-Rは、まず1969年に4ドアセダンのPGC10型が発売された。そのホイールベースを70mm短縮し、2ドアハードトップとしたのがこのKPGC10型である。車重も20kg以上軽量化が図られた。

 「2ドア HT2000GT-R(KPGC10型)」を含む3代目となるC10型は、プリンス自動車工業を合併吸収した日産によって初めて開発されたスカイラインで、「ハコスカ」の愛称で呼ばれた。「愛のスカイライン」のキャッチフレーズが懐かしい方も多いことだろう。

 この2000GT-Rは初代GT-Rとして知られ、まず4ドアセダンのPGC10型が1969年にC10型のラインナップに加わった。そして1970年に発売されたのが、撮影した車両の2ドアハードトップモデルのKPGC10型だ。1972年まで生産された。

pa170303-01-02.jpg

2000 GT-Rを後方から。

→ 次ページ:
初代GT-R、レースで50勝超え!

メルマガ登録はこちら