JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/02/13

2014年ダカールラリー・クラス優勝車
日野「レンジャーGT・518号車」
(チーム・スガワラ2号車)

pa-ranger-01.jpg

日野のダカールラリー参戦車両「レンジャーGT(2014年式)」の2号車。14年の第36回大会でクラス優勝を果たした。

 ダカールラリーといえば、現在は南米を舞台に(かつてはパリをスタート、アフリカを走り、セネガルの首都ダカールがゴールだった)複数の国を舞台に長距離を走り抜ける長距離ラリー、いわゆるクロスカントリーラリーの代表的な存在。1978年からスタートし、2017年も1月2日から14日まで第39回大会が開催された。

 完走率20.5%を記録したこともある、"世界一過酷"といわれるラリーで1991年から17年まで26回連続完走、17年も含めてトラック(カミオン)部門「排気量10リットル未満」クラス優勝8連覇(クラス優勝通算17勝)を達成、97年にはトラック部門総合優勝&史上初の1-2-3フィニッシュを達成した記録を持つのが、チーム・スガワラが使用する日野「レンジャーGT」である。

 2016年10月8日から10日までお台場で開催された東京モーターフェス2016で展示されたのが、14年の第36回大会のクラス優勝車、チーム・スガワラの2号車(ゼッケン518)だ。

pa-ranger-02.jpg

レンジャーGTを真横から。一見すると小さく見えるが...。タイヤの大きさがわかる画像は次ページで掲載。

→ 次ページ:
レンジャーGTとはどのようなトラック?

メルマガ登録はこちら