JAF Mate Neo 写真ビストロ SNAP×SNAP

2017/02/01

伝説のアクションドラマが蘇る!
日産「スカイライン ハードトップ 2000 ターボRS」

pa170201-01-01.jpg

「スカイライン ハードトップ 2000 ターボRS」。奥の展示車両は、「スカイライン 4ドア スポーツセダン GTS25 Type X・G」。別記事で紹介。

 2016年8月から17年1月まで日産グローバル本社ギャラリーで行われてきた、日産・プリンス合併50周年を記念した特別展。プリンスおよびプリンス系の流れをくむ旧車18車種を、2車種ずつ一定期間ごとに入れ替えて展示が行われた。

 1月9日から31日まで、特別展のトリを努めたのが、2台のスカイラインだ。1983年登場の6代目(KDR30型)「ハードトップ 2000 ターボRS」と、1993年登場の8代目(R32型)「4ドア スポーツセダン GTS25 Type X・G」である。まずはターボRSを紹介。

当時最強のスカイライン「ターボRS」!

 KDR30型もしくはR30型と呼ばれる6代目スカイラインのシリーズは1981年から登場し、イメージキャラクターとして俳優でレーシングドライバーでもあるポール・ニューマンが起用されたことから、「ニューマン・スカイライン」と呼ばれた。

 展示車両の「ハードトップ 2000 ターボRS」(側面の書き込みにより「RSターボ」とも呼ばれた)は、1983年に登場。好評を得たグレードの「2000RS」に搭載された、1990ccの直列4気筒4バルブDOHCエンジン「FJ20型」にターボを追加したもので、当時、それまでのスカイラインの最高出力である190ps(140kW)をマーク。それにより、「史上最強のスカイライン」というキャッチコピーも与えられた。

 なお、展示車両はフロントグリルが横桟(よこざん)仕様の初期型。RSシリーズに関しては「鉄仮面」というあだ名が有名だが、それはフロントの形状などが異なる後期型を指す(グリルレスのデザインから鉄仮面というあだ名がつけられた)。

pa170201-01-02.jpg

側面に書き込まれた、「4VALVE DOHC RS-TURBO」の文字。インパクトがある。

→ 次ページ:
ターボRSはあの伝説のドラマでも活躍!

メルマガ登録はこちら