JAF Mate Neo セーフティ・交通

2018/12/04

JNCAP2018予防安全ランキング!
10車種全11グレードを総合得点順に紹介。
1位になったのははたして!?

rp181203-01-02b.png

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が毎年発表している、「自動車アセスメント(JNCAP)」。2018(平成30)年の前期の評価結果が11月29日に発表された。

 評価試験は大別して、「予防安全性能評価」(予防安全)と「衝突安全性能評価」(衝突安全)の2種類がある。予防安全は、被害軽減(自動)ブレーキのように、事故を未然に防ぐための技術の性能を評価するためのもの。一方の衝突安全は、実際に衝突事故が起きた際の、乗員や衝突された歩行者の安全性を評価するものだ。ここでは、2018年度前期の予防安全の10車種全11グレードを、総合得点順にランキングにて紹介する。車種は、以下の通りだ。

【スズキ】
・ソリオ/ソリオ バンディット
 ※デリカD:2/デリカD:2 カスタム(三菱)も含む
・クロスビー

【スバル】
・フォレスター

【トヨタ】
・カローラ スポーツ
・カムリ
 ※アルティス(ダイハツ)を含む

【ホンダ】
・N-VAN +STYLE FUN Honda SENSING
・N-VAN L Honda SENSING
・オデッセイ

【マツダ】
・アテンザ

【三菱】
・ekスペース/ekスペースカスタム
 ※デイズ ルークス/デイズ ルークス ハイウェイスター(日産)を含む
・エクリプス クロス

2018年度からは評価項目として新たに3種類を追加

 ランキングの掲載をする前に、2018年度の予防安全について説明する。今年度は、評価項目が新たに3種類が加わり、総合得点が2017年度の79点満点から126点満点になった。新評価項目は、「夜間における対歩行者の自動ブレーキ」、「高機能前照灯」、「踏み間違い加速抑制」である。

 夜間における対歩行者の自動ブレーキは、従来の日中における対歩行者の自動ブレーキと併せて行われる。日中と同様に、速度を変えるなど条件を変えて何度も走行し、道路を横断する歩行者を模したダミーに衝突せずに停止できるかが確かめられる。夜間の条件は、今年度は"街灯がある"条件下で、明るさ15±2ルクスの環境で行われた(次年度以降、街灯なしのより暗い環境下でのテストも追加される計画)。対歩行者の被害軽減ブレーキの得点は、日中が25点満点、夜間が40点満点の合計65点満点だ。

 高機能前照灯は、ヘッドランプの照射機能についての評価が行われる。前走車や対向車に合わせてハイビームの光量や照射方向などを自動的に調節して相手のドライバーがまぶしく感じなくて済む「自動防眩型」の場合、時速41km以上の全速度域で作動すれば5点満点。ハイ/ローの「自動切替型」の場合は、時速41km以上の全速度域で作動すれば最高1.4点となる。

 踏み間違い加速抑制は、前方または後方に障害物がある状態で、その障害物の方向に誤って発進させようとしてしまった場合、障害物までの距離が1m以上ある時点で機能が作動して停車すれば最高1点ずつで合計2点満点。1mを切ってから作動して停車すると、0.9mからだと0.9点、0.8mからだと0.8点となる。障害物に当たってしまっても速度抑制があれば、1mからの作動で0.6点、0.9mからだと0.5点、0.8mからだと0.4点を獲得できる。

 これら3項目を加えた全6項目7種類の評価試験が行われ、合計で126点満点。前年度から引き続きとなる3項目の点数は変わっていない。配点は以下の通り。

・対歩行者・自動ブレーキ:65点満点(日中25点満点、夜間40点満点)
・対車両・自動ブレーキ:32点満点
・車線逸脱抑制:16点満点
・後方視界情報:6点満点
・高機能前照灯:5点満点
・踏み間違い加速抑制:2点満点

予防安全性能評価試験の様子。

→ 次ページ:
予防安全ランキングを発表! まずはベスト5から

メルマガ登録はこちら