JAF Mate Neo セーフティ・交通

2018/11/30

【JNCAP2018前期速報】
予防安全は10車種全11グレード、衝突安全は4車種を発表。好成績のクルマは?

rp181130-01-01.png

2018年前期の予防安全性能評価試験は全10車種11グレード

 予防安全性能評価試験は、新たに3種類が追加され、全6項目7種類の試験が実施された。そのため、全項目合計で2017年度の79点満点から126点満点となった。項目の種類と点数については以下の通りだ(※が追加された評価項目)。また、2018年前期の予防安全の詳細は、『JNCAP2018予防安全ランキング! 10車種全11グレードを総合得点順に紹介。 1位になったのははたして!?』に掲載した。

・被害軽減ブレーキ(対歩行者):25点満点
被害軽減ブレーキ(対歩行者・夜間街灯あり):40点満点 ※
・被害軽減ブレーキ(対車両):32点満点
・車線逸脱抑制:16点満点
・後方視界情報:6点満点
高機能前照灯:5点満点 ※
ペダル踏み間違い時加速抑制装置:2点満点 ※

 以下の各車の合計得点については、感覚的にわかりやすくするため、カッコ内に100点満点に換算した点数も併記した。合計で12点を超えると、ASV(先進安全自動車)として優秀さを表す「ASV+」の評価が、46点以上ならさらに優秀な「ASV++」の評価が、86点以上は今年度から新設された最上位の「ASV+++」の評価が与えられる。

【トヨタ】
カムリ:75.6点(60.0点) ASV++
 ※ダイハツ「アルティス」も同様
カローラ スポーツ:122.4点(97.1点) ASV+++

【ホンダ】
オデッセイ:62.7点(49.8点) ASV++
N-VAN L Honda SENCING(軽):119.2点(94.6点) ASV+++
N-VAN +STYLE FUN Honda SENCING(軽):120.6点(95.7点) ASV+++

【マツダ】
アテンザ:113.3点(89.9点) ASV+++

【スバル】
フォレスター:122.3点(97.1点) ASV+++

【スズキ】
クロスビー:63.9点(50.7点) ASV++
ソリオ/ソリオ バンディット:111.1点(88.2点) ASV+++
 ※三菱「デリカD:2」/「デリカD:2 カスタム」も同様

【三菱】
エクリプス クロス:63.5点(50.4点) ASV++
ekスペース/ekスペースカスタム(軽):93.2点(74.0点) ASV+++
※日産「デイズ ルークス」/「デイズ ルークス ハイウェイスター」も同様

→ 次ページ:
続いては衝突安全性能評価試験の結果!

メルマガ登録はこちら