JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/06/14

【東京】招待券プレゼント★6/24〆切
奇想版画家の謎を解く8つの鍵「ミラクル エッシャー展」

00_escher_01.jpg

《婚姻の絆》 1956年

 「だまし絵」で知られる奇想の版画家マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898~1972)の生誕120年を記念し、約150点の作品が展示される大規模な展覧会『ミラクル エッシャー展』が、7月29日まで上野の森美術館で開催されている。

現実の境界がゆらぐ魅惑のアート

 見れば見るほど不思議な画である。一見すると普通の建物なのに、重力を無視した空間構造だったり、逆流しながら永遠に続く水の流れだったり、エッシャーの画は、現実から非現実のパラレルワールドへとトリップする快感ともいうべき不思議な魅力を湛える。

00_escher_02.jpg

《相対性》 1953年

 エッシャーは、彼が生きた時代の「芸術」の文脈には属さない独創性を持つ作品を遺した。また彼の版画は、数学者、建築家、クリエーターなど専門家から子供まで、世界中の幅広い人々から愛されている。
 それはなぜか? 今回の展覧会のために所蔵品を提供したイスラエル博物館の学芸員は「彼にとって版画制作は、自然界と人間界の秩序と規則を探求するための単なる手段である」と述べている。つまり、エッシャーの画は、人間なら誰もが1度は疑問に思う「世界の構造の謎」を解き明かす冒険の軌跡とも言えるのでははないだろうか。
 この展覧会では、『科学』『聖書』『風景』『人物』『広告』『技法』『反射』『錯視』の8つのキーワード(展示の章)で、その謎に迫ったエッシャーに迫る。探求者エッシャーとともに究明の旅に出かけてみよう。

→ 次ページ:
エッシャーの代表作をご紹介!

メルマガ登録はこちら