JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/06/02

【静岡】2018/6/2~7/15
2つのコレクションから約250点が集結した、静岡市美術館だけの豪華な「ミュシャ展」


00_mucha_02.jpg

左:アルフォンス・ミュシャ ポスター《「スラヴ叙事詩」展》(部分) 1928年 チマルコレクション 右:アルフォンス・ミュシャ 写真《自画像(パリ)》(部分) 1898年 チマルコレクション

 優美で幻想的な女性の絵で有名なチェコの画家アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)。ミュシャと同郷の医師チマル博士の親子3代にわたる「チマル・コレクション」から約150点、さらに静岡市在住のミュシャ作品の世界的コレクター尾形寿行氏の「OGATAコレクション」から約100点。計250点もの作品が展示される豪華な内容の『ミュシャ展~運命の女たち~』が、静岡市美術館にて7月15日まで開催されている。

ミュシャ作品を彩った女性たち

 「運命の女たち」という副題が示すとおり、展覧会では初恋の人に始まり、栄華を極めたパリ時代や祖国で過ごした晩年の作品に登場する女性など、ミュシャの作品を彩った女性たちに焦点が当てられている。

00_mucha_03.jpg

アルフォンス・ミュシャ 素描《少女と鳩》 1899年 チマルコレクション 作品はパリ時代に描かれたもので、本巡回が日本初公開。

 異母兄と異母姉、2人の実妹という女性に囲まれた環境に育ったミュシャは、中学生の頃から聖歌隊に参加し芸術に親しんだ。その後19歳でウィーンに渡り、舞台装置の工房で働いたり、城の室内装飾の仕事に従事したりもした。
 展示の章『1章:幼少期 芸術のはじまり』では、アール・ヌーヴォー期の作風を予感させる初恋の人のイニシャル文字のデッサン画、幼なじみの少女の素描などミュシャの貴重な初期の時代の作品が紹介されている。
 19世紀末にヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーの旗手といわれるミュシャが、どのようにあの繊細で装飾に彩られた独自の絵画表現にいたったかを垣間見るようで興味深い。

→ 次ページ:
一夜にして時代の寵児に

メルマガ登録はこちら