JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/05/13

【東京】2018/4/14~7/8
光と色彩が踊る風景画で旅する「プーシキン美術館展」

00_pushkin_01.jpg

クロード・モネ《草上の昼食》1866年 © The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

 珠玉のフランス絵画コレクションで知られるプーシキン美術館。あまたの所蔵作品の中から、17~20世紀の風景画65点を公開した「プーシキン美術観展ー旅するフランス風景画」が、東京都美術館にて7月8日まで開催されている。

絵画とともに旅する展覧会

 ロシアの首都モスクワに位置するプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館とならぶ、世界的な西洋絵画コレクションを誇る国立美術館である。古代エジプトから現代美術まで、70万点を超す作品を収蔵し、なかでもプーシキン美術館の名を知らしめているのは、屈指の名品をそろえたフランス近代絵画のコレクションであるといえよう。

 副題に「旅するフランス風景画」とあるように、今回の展覧会ではプーシキン美術館が所蔵する風景画にスポットが当てられている。自然を描いた風景画だけでなく、神話の物語や古代への憧憬、大都市パリの喧騒、想像の世界などフランス近代風景画の流れを紹介する構成となっている。光と色彩が踊る美しい風景を絵画で巡る、そんな麗しい展覧会である。

にぎわいの近代都市パリ

 19世紀半ばから首都パリは、人口急増にともない都市改造が進められた。そんなパリの景観や都市生活を満喫する人々を、印象派をはじめとする画家たちは描き出している。
 ラファエリの《サン=ミシェル大通り》は、サン=ミシェル通りからスフロ通りを臨む景色を描いたもので、中央にはフランスに貢献した偉人の墓所となっているパンテオンの姿が見える。高層の集合住宅(アパルトマン)、街頭、馬車、噴水といった景観の他に、ちょうちん袖にコルセットでウエストをきつく締めた女性の服装など、この時代の様子を生き生きと伝えている。

00_pushkin_02.jpg

ジャン=フランソワ・ラファエリ 《サン=ミシェル大通り》 1890年代 © The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

 市民の憩いの場だったモンマルトルの丘には家賃が安いアパルトマンが多く存在し、若い画家たちが好んで暮らした地区だった。ルノワールはここにアトリエを借り、近所にあった大衆的ダンスホール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」を描いた。
 下の絵画《庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰》では、ダンスホールの木陰で男女5人が楽しげに語らっている。背景の木々に取り込まれるように、談笑する人々の親密さ、青いストライプのドレスを着た女性の伸びやか様子など、フランス語の会話までも聞こえてきそうな幸せそうな情景描写がみごとだ。
 作品の裏の書き込みによると、後姿のストライプの女性はルノワールのお気に入りのモデルだったニニ、その後ろで顔をのぞかせるのは画家モネだという。

00_pushkin_03.jpg

ピエール=オーギュスト・ルノワール 《庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰》 1876年 © The Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.

→ 次ページ:
日本初公開!モネの名作《草上の昼食》

メルマガ登録はこちら