JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/04/12

【名古屋】2018/2/18~7/1
名画と共に収集家の物語も紹介!「ボストン美術館の至宝展」

00_boston_00.jpg

左:フィンセント・ファン・ゴッホ《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》1888年 Gift of Robert Treat Paine 2nd, 35.1982 右:フィンセント・ファン・ゴッホ《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》1889年 Bequest of John T. Spaulding, 48.548

 ボストン美術館の主要なコレクションから、7分野にわたる珠玉の80点を楽しめる「ボストン美術館の至宝展」が、名古屋ボストン美術館にて7月1日まで開催中だ。
 名品の数々を楽しめるだけでなく、コレクションの形成に貢献した収集家の物語も紹介することで、収集家がどのように魅了され、膨大なコレクションを作り上げたのか、ボストン美術館の歴史をひも解く内容にもなっている。

名品の裏に潜むコレクターという存在

 ひとつの名品が誕生するには、映画が作れるほどの作家の思いと物語が潜んでいる。またその名品が美術館のコレクションとして永住の地を得るようになった経緯もしかりである。約50万点の作品を所蔵するボストン美術館は、世界屈指の規模と知名度を誇る百科事典のような美術館である。このようなコレクションが成立するには、それぞれの分野においてどういったコレクターがいて、どのような経緯があったのか。これは美術ファンならずとも知りたいことではないだろうか。

 本展覧会では、古代エジプト美術中国美術日本美術フランス絵画アメリカ絵画版画・写真現代美術のボストン美術館が誇る7分野の作品の紹介とともに、収集に寄与した影の立役者、コレクターにも焦点が当てられているのが見どころのひとつとなっている。

ボストン美術館の名を馳せた日本美術

00_boston_01.jpg

喜多川歌麿《三味線を弾く美人図》文化元-3年(1804-06)頃 Fenollosa - Weld Collection, 11.4642

 例えば、ボストン美術館といえば日本美術コレクションが有名である。なんとその数はおおよそ10万点に上り、日本国外では最大のものとして知られる。

 その大半は、19世紀末に日本を訪れたボストンの人々によって収集された。彼らは日本各地を旅しながら収集を進めたという。後にボストン美術館・日本美術部の初代部長に就任したアーネスト・フランシスコ・フェノロサは、各地を回り1000点以上もの絵画コレクションを築いた。交通の便、治安、宿など旅の事情が今とまったく異なった当時、それも異国の人が日本を旅するのはどれほど困難が伴ったであろうか。また既に当時から日本美術に目が開かれていた彼らの審美眼も驚きに値する。

170年ぶりに里帰りした幻の涅槃図

 日本美術では、江戸時代中期に活躍した絵師・英一蝶(はなぶさ いっちょう)の巨大な涅槃図(ねはんず)が約170年ぶりの修理を経て公開されるのも話題のひとつだ。大きさは高さ約3m、幅約2m。涅槃に入って横たわる釈迦を中心に、悲しみにくれる菩薩や羅漢、卒倒する弟子、嘆き悲しむ動物たちの様子が、緻密かつ色彩豊かに描き出されている。
 この大作は、1886年以前にアーネスト・フェノロサが購入した後、1911年よりボストン美術館に収蔵されていたが、劣化のため公開が実現できなかった。つまりごく僅かの人しか目にしたことがない幻の作品である。約170年ぶりに解体修理を行い、このたび初めて里帰りを果たす。絵に心があるとしたら日本に一時帰国し、祖国の人々と対面する気持ちはどんなものであろうか。江戸時代の人々が寄せた祈りや信仰心に思いをはせながら鑑賞してみたい。

00_boston_02.jpg

英一蝶《涅槃図》正徳3年(1713) Fenollosa - Weld Collection, 11.4221

→ 次ページ:
印象派にいち早く注目したボストンのコレクター

メルマガ登録はこちら