JAF Mate Neo 読者プレゼント & 展覧会情報

2018/04/08

【札幌】2018/4/1~6/10
ほっこりとした動物の陶芸が大人気!「リサ・ラーソン展」

リサ・ラーソン_00.jpg

 世界中にファンを持つ陶芸家・リサ・ラーソンの作品約190点を紹介する「リサ・ラーソン展~スウェーデンのすてきな芸術一家~」が、札幌芸術の森美術館にて6月10日まで開催されている。

リサ・ラーソンの作品を道内の美術館で初めて紹介!

 リサ・ラーソンの名前を聞いたことがない人も、ひと目みただけで癒される優しい形と表情、素朴で温かみのある《動物シリーズ》の作品に接した人は多いはずだ。

リサ・ラーソン_02.jpg

《ネコのミア(大きな動物園シリーズ)》1990年(オリジナルは1966年) © Lisa Larson / Alvaro Campo

 リサ・ラーソン(1931~)は、デザイン工芸大学で陶芸を学んだ後、23歳という若さでスウェーデンの陶磁器メーカー・グスタフスベリ社にスカウトされる。26年間の在籍中に約320種類もの作品を制作し、スウェーデンを代表する陶芸家になっていく。その後はフリーのデザイナーとして国内外で活動を行い、80歳を過ぎた今も精力的に創作を続けている。

 彼女の作品展は今までも北海道で開催されてきたが、いずれも百貨店でだった。今回、道内で初めて、リサ・ラーソンの作品が美術館で紹介される。つまり、リサ・ラーソンという芸術家、そしてひとりの人間に作品を通してじっくりと向き合える貴重な機会が、本展覧会である。

芸術一家ラーソン・ファミリーがやって来る!

リサ・ラーソン_05.jpg

展覧会のチラシ。写真中央がリサ・ラーソン本人。左が夫でアーティストのグンナル・ラーソン、右が息子のマティアス。自宅ダイニングでの写真からは家族の絆が伝わってくるようだ。

 今回の展覧会では、2016年にロェースカ美術工芸博物館(スウェーデン・ヨーテボリ)で開催された「リサ・ラーソンの作陶60年」展の出品作品をベースに、初期から近年に至る代表作が一堂に会した。
 さらに、スウェーデンで著名な画家である夫のグンナルが抽象画と陶芸作品を、長女ヨハンナが幼い頃から母に習ったというニット作品を出展。長男マティアスは、展示の一部のキュレーションを担当し、リサ・ラーソンを中心とした芸術家一家ラーソン・ファミリーの展示が実現した。

→ 次ページ:
展示の見どころ

メルマガ登録はこちら